足が湾曲した美しすぎる宇宙人「トールホワイト」がグーグルアースで激写される! 英警察官も隠蔽した彼らの正体とは?

 さまざまな宇宙人の目撃情報があるが、「トールホワイト」ほど、その存在が確実視されている宇宙人はいないのではないだろうか。とりわけ、元NSA局員のエドワード・スノーデン氏や、元カナダ国防大臣のポール・ヘリヤー氏など、政府関係者もその存在を認めていることは注目に値する。

 また、その容姿も他の宇宙人には無い魅力だといえるだろう。「トールホワイト(tall white)」という名の通り、彼らは2メートルを越す高身長で、北方系の白人のような姿をしており、髪はブロンドだといわれている。これらの情報から、極めて“美しい”宇宙人であると考えられているのだ。

 さて以上のように、政府関係者からの情報や、容姿に関する詳細な情報は複数あるものの、その存在を決定付けるような証拠は今までなかった。だが、ついに、決定的な画像と情報が公開された。なんと、UFO研究家スコット・ウェアリング氏が運営するウェブサイト「UFO Sightings Daily」が、「トールホワイトの全身写真」と、「トールホワイトの“知られざる”目撃情報」を報じているのだ。


■ピラミッドにたたずむ「トールホワイト」

tallwhite_01.jpg画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 これは、グーグルアースが偶然とらえた「トールホワイト」と思われる生物である。場所は、メキシコ・テオティワカン遺跡のピラミッドのようだ。現在はすでに、グーグルアースから削除されてしまっているため詳細は不明であるが、ウェアリング氏がキャプチャー画像を残していた。

 白い肌に、美しいブロンドの髪は噂どおりの容姿であるといえるだろう。しかし注目すべきは、後方にせり出した脚だ。まるで鹿の後ろ足のように折れ曲がった脚部が、この生物が人間でないことを示している

tallwhite_02.jpg画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 ウェアリング氏によると、この女性型の「トールホワイト」は、400歳未満の“若い”個体であるそうだ。すでに人間の成人男性を上回る身長に見えるが、400歳を越えると、さらに1メートルほど成長するというのだから恐ろしい。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ