「ロズウェル事件」の場所付近で超巨大な“カギ十字”の地上絵が発見される! ナチスとUFOの関係を示唆?

 実に奇妙なものがグーグルアースで発見され、話題になっている。英「Express」紙によると、旧ナチス・ドイツのシンボルでもある「鉤十字(ハーケンクロイツ)」の印が、謎めいた暗号のようなマークとともにハッキリ写り込んでいるというのだ。


■何を意味する? 鉤十字と不可思議な記号

 まずは、グーグルアースで座標「33°12’22.6″N 103°35’05.3″W」をご覧いただきたい。

 突如浮かび上がる鉤十字や、不可思議な記号の羅列を確認いただけただろうか。十字にクロスしているだけならば、“何かが偶然そう見えただけ”とも思えるだろう。しかし、この鉤十字の上部と左右には、ほぼ同間隔に配置された3つの異なるマークが配置されている。これは、何らかの意思を持って作成された可能性が非常に高いのではないだろうか。

 そして、この鉤十字が、米軍のUFO回収事件「ロズウェル事件」の現場から70マイル(約112km)ほどの地点で発見されたということも、ミステリーに拍車をかけているようだ。

「ロズウェル事件」とは1947年7月、米国ニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落したとされる事件である。軍はUFOの残骸と宇宙人の遺体を極秘に回収し、その後すべての情報を封印したとされる。世界でもっとも有名なUFO墜落事件といってよいだろう。


■異様な発見に飛び交う憶測

runelikesymbols2.JPGExpress」の記事より

 米国の100kmと日本における100kmでは受け止め方がだいぶ違うと思うが、数多くの陰謀説が渦巻くロズウェル周辺の砂漠の中から発見されたということもあり、「古代インディアンが宇宙人と交信するために使用していた」という説や「宇宙人に位置を教えるビーコン(標識)的なものではないか」など宇宙人絡みの憶測が多く飛び交っているようだ。

 その一方「Express」紙は、ここにきて新たに「ナチス・ドイツ軍を表した鉤十字である」との説も報じている。南極をはじめ世界中に秘密基地を作ったとされるヒトラーは、オカルティズムに深く傾倒しており、宇宙人とのコンタクトも試みていたというのは有名な話である。

 このことから「いまだ謎が解き明かされていないロズウェルの近くに鉤十字があるということは、そこにナチス的なオカルティズムと宇宙人崇拝の意味が込められており、これは歴史的にも重要な意味を持つ発見である」と論じているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ