カナダ北極の海底から不可解すぎる「謎の怪音」、動物が1匹残らず消失! 軍が調査も「原因不明」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 北極圏の海から謎の怪音が鳴り響き、地域一帯の野生動物が全て逃げ出す事態に発展。現在、カナダ軍が全力で原因解明に当たっているとのニュースが報じられた。


■原因不明の怪音で海獣が1匹残らず消失

 英「Daily Mail」紙(11月4日付)によると、問題の怪音が発生しているのは、イヌイット自治州であるカナダ北部のヌナブト準州。夏の間中鳴り響く原因不明の「ピキッピキッ」という音に動物も逃げ出し、地元の猟師が強い不安を覚えているという。

カナダ北極の海底から不可解すぎる「謎の怪音」、動物が1匹残らず消失! 軍が調査も「原因不明」の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 イグルーリク州から120km北西のフュアリー・ヘクラ海峡で、頻繁にその音が聞かれるそうだが、発生源の特定には未だ至っていないそうだ。不可解すぎる事態に州議会議員ポール・クアッサ氏とジョージ・クロート氏もカナダ公共放送局「CBC(カナダ放送協会)」のインタビューで懸念を示している。

「その地域は夏季と冬季の主要な猟場ですが、今夏はほとんど収穫がありませんでした。奇妙な事態です」(クアッサ氏)

「怪音が聞かれた場所は、ホッキョククジラやアゴヒゲアザラシ、ワモンアザラシの通り道です。その地域にはこれらの生物が数多く生息していますが、今夏は一匹もいませんでした」(クロート氏)

カナダ北極の海底から不可解すぎる「謎の怪音」、動物が1匹残らず消失! 軍が調査も「原因不明」の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 カナダ軍が原因の特定を急いでいるが、現在までに分かっていることはそう多くなさそうだ。軍の公式メモによると、潜水艦が原因であるとは考えにくいが、その可能性も含めて包括的に調査しているという。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

カナダ北極の海底から不可解すぎる「謎の怪音」、動物が1匹残らず消失! 軍が調査も「原因不明」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで