「iPhoneは電源を切ってても会話を聞いている」「中国はGoogle参入拒否」Mr.都市伝説 関暁夫・緊急インタビュー

「iPhoneは電源を切ってても会話を聞いている」「中国はGoogle参入拒否」Mr.都市伝説 関暁夫・緊急インタビューの画像2関が手がける自由が丘のカフェ「セキルバーグカフェ」にて撮影

■あなたが望む「平和」は矛盾している 政府が仕掛けるトラップを越えろ

 だけど平和ボケした日本人は、真実を見ようとググる努力すらしない。恋愛ドラマやら漫画やら見すぎてボケてるの。一番怖いのは、「自分の無知が生んだ未来」を自分が怖がるってこと。これが、今の結果だろ? さあ、きっかけだけは提示したから、あとは自分で勉強して。でも、ネットで検索する場合はその先に政府が仕掛けたトラップが仕込まれてることに気がつけよ? 真実を知りたがる人間を政府はチェックするからな? 平和ボケから覚めろよ? 家帰って蛇口捻ったら水道出るだろ? 冷蔵庫あるだろ? クーラー、暖房あるだろ? 毛布だったり、あるわけだろ? ソファもあるわけだろ? 何だったら、飼ってるペットに洋服も着させてるんでしょ? それなのに、平和の主張するだろ? それはもう“欲の主張”なんだよ。あなた達が平和の主張だと思って世界的にメッセージを伝えていることは、本当に貧困にあえいでる国から見たら、欲の主張なんだよ。ふざけるなよ、なの。

「iPhoneは電源を切ってても会話を聞いている」「中国はGoogle参入拒否」Mr.都市伝説 関暁夫・緊急インタビューの画像3NewsWeek」より

 2010年、中国はGoogle参入を断ってるんだぞ。Googleは洗脳道具ってことだぞ。中国っていう国はGoogleを受け入れないってところからして、戦争の形が見えてきてるだろ。今また再参入に向けて動いてるみたいだけど。今までオカルトだと思ってたあなたたちも、世界を冷静に見とけよ。

 そりゃ政府はトラップを仕込むだろ。陰謀を検索する奴らを捕まえるために、ネット上にわざとトラップを置くだろ。で、そこに集まったそいつらのこと調査するだろ。当たり前だろ。分かる? 


■我々は、軍事品のお古を使っている!

――『ポケモンGO』も中国とロシアは禁止しましたね。

 当然! あんなの情報操作のツールの1個だからね。ARは大衆をひとつの方向に行動させる能力を持ってるわけでしょ? みんな何も考えずに機械に操られてどっか行ってたら、その集められた場所で何が起きるか分からないよ? これはソーシャルネットワークを使った、テロに転換できる兵器なのだからね。

 そもそも、あなたたちが使っているものはみんな軍事品のお古なわけ。政治的思惑があったものを、私達はテクノロジーを介して持たされてるだけだからね。昔はそんなことも隠されていたけど、今ならググればある程度わかる。それなのに、いつまで遊ばれてんの? って言いたい。

 で、こういうことを『陰謀だ』って簡単に言うだろ? でも、その陰謀っていうカテゴリー作ったのはCIAだからな。ケネディ大統領の暗殺事件に疑問を持つ奴らが出てきて困って、「陰謀論」という考え方を広めたんだ。だから、日本人は“戦争に負けた国”だっていうことを今一度考えろ、ということだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ