「iPhoneは電源を切ってても会話を聞いている」「中国はGoogle参入拒否」Mr.都市伝説 関暁夫・緊急インタビュー

「iPhoneは電源を切ってても会話を聞いている」「中国はGoogle参入拒否」Mr.都市伝説 関暁夫・緊急インタビューの画像4画像は、JFK/Wikipediaより

■記憶を消すための米国の「100年計画」

 要はこれまでの記憶を消されて“今の社会”を作らされたのが日本なの。で、戦後71年目にしてやっと国民が意見を言い出してきたわな。だけどこれが“100年計画”だったってこと知らないだろ? ケネディ暗殺って1963年のことだけど、『なぜ暗殺されたか?』って公表するのは2039年なんだよ。なんでその期間公表しないかって言われたら、ケネディが殺された時に生まれた子ども達が老人になるまで待つってことだ。真実を知る人々の記憶が世界から消えるまで、本当の情報は公開しないってことなの。

 これは、どこの国の政府もやってることなんだよ。分かってきたかな?

 絶望するなよ。政府じゃない誰かが語る中に、本物があるかもしれないから自分で見つけろよ。それで洗脳から覚めたら、何が本当に正しいのかを自分で見極めろよ。何が本当に正しいかは自分の良心に聞けよ。で、良心が勝った人達で新しいコミュニティをつくり始めろ。それが自分の生きがいにもなるわけよ。

 自分が立ち上げた少数コミュニティがいずれ大多数に切り替わる。真実は、常に少数から生まれるわけ。で、自分達が今後来る、30代、40代に向けての畑を作ってけよ。今は“独立”の時代だからな。何かに属してた時代は終わったんだ。

 アメリカもね、大統領選挙終わったら、日本にとってとてつもない脅威になってくるからな。そこに対応しろよ? テロだって今は日本では起きてないだろ。収まってるだろ。でも、大統領選終わってから一気に来るからな? 備えろよ、新たな戦いに。逃げるなよ。

【関暁夫インタビューまとめはコチラ

■Mr.都市伝説 関暁夫(みすたーとしでんせつせきあきお)
「スティーブン・セキルバーグ」として、都市伝説をテレビ・ラジオ番組で語る「都市伝説テラー」。著書に、「ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説1~6」(竹書房)「最新版! ヤバい「都市伝説」大全 (共著、宝島社、2015年3月)など多数。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ