脳とキンタマが縮小、頭は禿げ、肌もシワだらけ!? 専門家が導き出した「1000年後の人類」がキモすぎる!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 生物の進化は止まらない。何千年にもわたり、少しずつ少しずつ身体は変化を遂げていくのだ。それは人類も同様で、西暦が3000年を越す頃には、想像を絶するような人形(ひとがた)が誕生している可能性もあるという。


■1000年後の人類の姿

 英紙「The Sun」によれば、解剖学の権威が科学的根拠に基づいて導き出した1000年後の人類の姿が、現代の我々とは似ても似つかないということで物議を醸しているとのことだ。その凄まじい外見の変容ぶりは以下の通り。

脳とキンタマが縮小、頭は禿げ、肌もシワだらけ!? 専門家が導き出した「1000年後の人類」がキモすぎる!の画像1Incredible Things」の記事より

・ 高身長となる
 身長は180~210cmくらい。健康状態、栄養状態が改善されることにより、現代よりも高身長となる。「50年前に比べると、現代アメリカ人の平均身長は約2.5cm高くなっていることからも明らかでしょう」(整骨医のゲイリー・トレイナー氏)

・ 腸が短くなる
「脂肪や糖の過剰な吸収による肥満を抑えるために、腸は短くなる可能性があります」(歯科医のフィリップ・ステマー氏)

・ 睾丸が小さくなる
 男性の場合、現代よりも生殖能力が低下するという前提に立つと、睾丸は小さくなると予想される。

・ 長い手足と指
 スマホをはじめとするデバイスを使いこなそうとすることで、必然的に手や指が長くなる。

・ 脳が小さくなる
 ヒトの代わりにコンピュータが記憶や思考を行うようになるため、脳は今よりコンパクトになる。「SFの世界では、未来の人類は頭でっかちな姿で描かれていますが、実際、大きな脳みそは必ずしも必要とはならないでしょう」(自然史博物館のクリス・ストリンガー氏)

・ 小さな口
 かむ必要のない食物を摂取し続けることで、あごが細くなり、口も小さくなる。「将来的には液体や錠剤が主食になるかもしれません」(前出のフィリップ・ステマー氏)

・ 大きな目
 口が小さくなったことで失われる顔の表情を補うため、目は巨大化する。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ