プーチン(身長163)は複数人いた! 日本が報じない「プーチンの知られざる真実」5選!

知られざる側面3: プーチンはいつでも銃を撃てるように歩く

 プーチンの歩き方が、常人とは大きく異なることをご存じだろうか。右腕の振りが、左腕の振りよりも明らかに小さいのだ。昨年末、この謎についてオランダの大学教授が分析したところ、衝撃の事実が判明する。なんとプーチンの歩き方は、KGBの工作員時代に徹底して叩き込まれた“銃を素早く抜くための”歩き方だったのだ。

 この「スパイ歩き」とでもいうべき歩行法は、かつてKGBが実際に用いた訓練マニュアルに掲載されており、多数の元工作員たちが同様の歩き方を続けていることも確認されている。要するにプーチンは、ロシアの最高権力者となった現在に至っても「自らの身は自ら守る」という意識を持ち、日々実践している。これは翻って、彼が決して誰にも心を許してはいないことを意味しているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ