失った腕を“ニョキニョキ生やす”再建技術「バイオドーム」がヤバい! 5ステップで肉体が何度でも蘇る!

関連キーワード:

,

,

,

 目覚ましい発展を遂げている再生医療の現場から、またしても驚きの技術が報告された。なんと、たった1つの装置を腕にはめるだけで、切断された腕をトカゲのしっぽのようにニョキニョキと生やすことが可能だというのだ!


■子宮型デバイス「バイオドーム」で失われた腕を再生

 一部の動物は、身の危険が迫ると自ら体の器官を切り捨てることがある(自切)。有名なところでは、「トカゲの尻尾切り」がそれであるが、トカゲはさらに切り離した尾を元通りに再生する機能まで持っている。このような再生機能を持つ動物は意外と多く、両生類のサンショウウオなども、失われた脚を完全に再生することができるそうだ。

 一方、人間の場合はちょっとした切り傷や身体の損傷ならば簡単に再生されるが、四肢はいったん切断されると自然に元に戻ることはない。それというのも、胎児の時にしか四肢を形成する“再生芽”の能力が十分に発揮されないからだといわれている。

 しかし、米科学雑誌「Popular Science」のオンライン版(12月27日付)によると、不可能なはずの腕の再生が、たった5つのステップで可能になったというのだ! しかも、電流を細胞にあてるだけで腕が勝手に生えてくるという脅威の手軽さだという。

 5つのステップは次のようになっている。

●準備

失った腕をニョキニョキ生やす再建技術「バイオドーム」がヤバい! 5ステップで肉体が何度でも蘇る!の画像1画像は「Popular Science」より引用

 腕の切断部分の汚れやほこりを取り除いたら、電気が切断面の分子を刺激できるように神経、骨、間接、筋肉、その他の組織を外部に晒す。


●バイオドーム

失った腕をニョキニョキ生やす再建技術「バイオドーム」がヤバい! 5ステップで肉体が何度でも蘇る!の画像2画像は「Popular Science」より引用

 身体組織の乾燥は感染症を引き起こす恐れがある。切断面を空気に晒さず、潤いを保つため、シリコン、ゴム、シルクでできた器具(バイオドーム)を腕に装着する。この器具は子宮内の環境を再現したものだという。

人気連載

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
ペロシ訪台の裏に反習近平派の暗躍か!? 蔡英文の黒すぎる正体、親日台湾の嘘… ジェームズ斉藤が緊急解説!

ペロシ訪台の裏に反習近平派の暗躍か!? 蔡英文の黒すぎる正体、親日台湾の嘘… ジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.03 20:30海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

失った腕を“ニョキニョキ生やす”再建技術「バイオドーム」がヤバい! 5ステップで肉体が何度でも蘇る!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル