2017年10月に惑星「ニビル」が南極を直撃?→地球滅亡? 「“彼ら”は30年間この日のために準備した」

 数百年、あるいは数千年に一度のスパンで太陽に近づいてくるという謎の惑星・Planet X、またの名を「ニビル」――。そのニビルの太陽への最接近が今年10月に控えているという。太陽系に姿を現すだけではない。太陽系の星々をかすめ、最悪の場合は地球に衝突するというのだ。


■10月にニビルを含む7つの軌道周回惑星が太陽系に侵入

2017年10月に惑星「ニビル」が南極を直撃?→地球滅亡? 「彼らは30年間この日のために準備した」の画像1デイビッド・ミード著『Planet X – The 2017 Arrival』 画像は「Amazon」より

 今年、2017年10月にニビルを含む7つのミステリアスな軌道周回惑星が太陽系に侵入すると主張しているのは、昨年6月に著書『Planet X – The 2017 Arrival』を出版したデイビッド・ミード氏だ。

 ミード氏によれば、我々の太陽には双子の兄弟がいて、ニビルを含む一群の惑星は2つの太陽のどちらの引力にも影響されているため、まったく予測できない軌道を描いて我々の太陽系へ接近、侵入してくるということだ。そしてこれらの惑星の軌道は地球の南極に向かっていると伝えている。

 地球をはじめ、太陽系の星々にこれらの惑星が接近すれば、当然のことながら各惑星の重力と磁場が変動し大きな混乱を招く。地球に近づくことがあれば、地上では気象変動や隕石の大量落下に見舞われる可能性もある。それどころか、最悪の場合は惑星そのものが地球に衝突することも考えられるという。というよりもむしろミード氏は、ニビルが地球に衝突すると確信していると英紙「Daily Mail」は報じている。

「これらの惑星は現在、地球の南極に向かって進んでいますが、我々の太陽系のシステム外のものであるため軌道の予測がきわめて困難なのです」(デイビッド・ミード氏)

 同著を読んだ読者からは、著者がニビルを話題にすることでキリスト教原理主義思想に導こうとする意図があるという指摘も。つまりはニビルの衝突とキリスト教終末論を重ね合わせているということだ。今年10月、惑星衝突というかたちで聖書的な“終末”が訪れるということなのだろうか。

 いずれにしても、ミード氏の説明には科学的な裏づけはない。10カ月先にはこの“予言”の真偽はおのずと明らかになるのだが、実は世界のエリート層はこの“終末”の日に備えて万全の準備をしているというのだが……。

Planet X - The 2017 Arrival

今年10月にニビルが地球を直撃か!?

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

2017年10月に惑星「ニビル」が南極を直撃?→地球滅亡? 「“彼ら”は30年間この日のために準備した」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル