【ガチ科学】人間の意識は宇宙法則とリンクしていたことが判明「意識はエントロピーの副産物でしかない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

,

 やはり脳はミニチュア宇宙だった。なんと、宇宙の絶対的法則である「エントロピー増大の法則」が意識の発生にも深く関係していることが科学的に証明されたというのだ!


■意識は脳の副作用にすぎなかった

entropybrain_02.jpg画像は「Express」より引用

 科学ジャーナル「Physical Review E」(2016年6月3日)に掲載された論文によると、カナダ・トロント大学とパリ第5大学の共同研究で、「意識は脳のエントロピー増大に伴う副作用でしかない」ことが判明したという。人間の本質ともいうべき意識が偶然の産物でしかないという驚きの研究結果だ。

 本題に入る前にエントロピーについて簡単に説明しておこう。エントロピーとはざっくりいって、「無秩序(乱雑さ)の度合い」のことをいう。たとえば、卵を黄身と白身に整然と分けた状態はエントロピーが小さいが、両方をボールに入れかき混ぜるとエントロピーが増大する。また、エントロピーは常に「小さい(秩序)→大きい(無秩序)」という方向に進むため、かき混ぜられた卵をそっくりもとの完璧な黄身と白身の状態に戻すことはできない。物理学者たちは、このエントロピーの増大が、ビッグバン以降の宇宙でも起こっていると考えている。

entropybrain_01.jpg画像は「Inside Science」より引用

 では、エントロピー増大の法則を脳に当てはめるとどうだろうか? 脳のニューロン活動を簡単に図式化した次のモデルをご覧頂きたい。4つあるオレンジの頂点を線で繋いだ時、最も多くのパターンを作れるのは何本の線を用いた場合だろうか? 

 3本の線を用いた場合(20パターン)が最大で、最も少ないのが0本と6本を用いた場合(1パターン)である。このことから、3本の線を用いた場合に最もエントロピー(複雑性)が大きく、0本と6本の場合に最もエントロピーが小さいということができる。つまり、通常の覚醒状態の時にエントロピーが大きくなることがわかったのだ。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2018年12月30日 14:27 | 返信

>>1
その通りだと思う。
関係の無い物事を関係があるように言ってるだけだろう。
エントロピーって言葉の意味を理解できない人達を騙しているだけ。

3:匿名 2017年3月17日 21:52 | 返信

>>1
それの検証だろ
アホか

2:厨二病 2017年3月16日 22:44 | 返信

否定する俺カッコイイ

一生治らないんだろうなw

1:匿名 2017年3月16日 20:37 | 返信

コンピューターが正常に起動すれば、各素子のオン・オフ状態のエントロピーは当然増大する
むしろエントロピーを増やさずにどうやって動作しろと?

きわめて当たり前な話を奇妙な視点から考察しただけ、にしか思えないんだが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。