予言者ビリー・ジョエルの名曲「マイアミ2017年」の歌詞がヤバすぎる! 日本は乗っ取られ、NY破壊は大荒廃か!?


■聖書の予言者の血を引くユダヤ人 ビリー・ジョエル

 世界的なエンターテイナーであるビリー・ジョエルは、数々のヒット曲を生み出した天才メロディメーカーである。ビリーは、1949年5月9日ニューヨーク州サウス・ブロンクスで生を受けた。彼の祖父や父は、ナチスの脅威から逃れるため、アメリカに亡命したドイツの裕福なユダヤ人。ビリーは3歳からクラシック・ピアノのレッスンを受け始めるが、その後、ロックンロールに興味を抱くようになる。14歳から地元ロング・アイランドでバーのピアニストとして働き始めた。

 そして、働いていた影響もあってか、出席日数が足らず高校を中退することになる。ビリーは高校を中退する時、自身に関する予言めいたことを母親に語ったという。

「コロンビア大学には入れなかったけれど、コロムビア・レコードに入るんだ!」

 予言通りビリーはその後、コロンビア・レコードと契約。1973年に発売されたアルバム『ピアノ・マン』がヒットしたことで一気にメジャーになった。さらにその後、1977年に出したアルバム『ストレンジャー』の爆発的ヒットにより、一躍スターダムにのし上がったのだ。

 ちなみに、ビリー・ジョエルの「joel」とは、「聖書の中に登場するヨエル書の予言者ヨエル(joel)」のことであるという。つまり、ビリー・ジョエルはユダヤ人である上に、何と聖書の予言者の血を引いていた可能性があるのだ!

 そんな予言者の末裔であるビリーは、2017年について恐ろしい予言の歌を歌っていたのだ。


■ビリー・ジョエル「マイアミ2017」に示された恐ろしい2017年予言

 1976年に出された4枚目のアルバム『TURNSTILES』(改札機という意味)邦題「ニューヨーク物語」がある。新境地を開拓するつもりで力を込めたビリーのセルフプロデュースアルバムだった。だが、『TURNSTILES』は商業的には大失敗だったのである。

予言者ビリー・ジョエルの名曲「マイアミ2017年」の歌詞がヤバすぎる! 日本は乗っ取られ、NY破壊は大荒廃か!?の画像2ニューヨーク物語』Sony Music Direct


 このアルバムの中に、「マイアミ2017」」(原題:Miami 2017 (Seen the Lights Go Out on Broadway))というビリーの予言とも言うべき歌が収められており、そこでは2017年のニューヨークは、何か壊滅的な出来事(第三次世界大戦、テロ、核兵器……)のため、すっかり荒廃していると歌われているのだ。


●「マイアミ2017」歌詞の内容

「歌い手は、フロリダ州マイアミに暮らしており、過去(2017年?)にニューヨークで起こった悲惨なできごとを回想している。

 ブロードウェイの光が消え、エンパイア・ステート・ビルが傾いた。かつてコンサートが行われたブルックリンでは橋が落ち、何者かによって電源を落とされて我々は地下に追いやられた。それでもショーを続けた。

 まるでスペインの内戦のようにあちこちで騒ぎが起こった。クイーンズは残り、ブロンクスは爆破され、マンハッタンは海に沈んだ。

 富裕層たちは、遠の昔に高級車を買って遠くに脱出した。それは、悪い奴らがメキシコを乗っ取る前の出来事だ。

 光が消え、ほんの少しの人しか生き残らない。生き残った人は世界から光が消えた理由を伝え続ける」


 この「マイアミ2017」の中にあるニューヨークの象徴である摩天楼「エンパイア・ステート・ビル」が傾くという部分は、2001年9月11日の同時多発テロ事件を彷彿とさせることから、当時も「ビリーの予言」だとして話題になったのだが、問題はここからだ。なんと、2006年11月30日のビリー・ジョエル日本単独公演で歌われた「マイアミ2017」の歌詞では、「悪い奴らがメキシコを乗っ取る前」の「メキシコ」の部分を「日本」に変えて歌ったというのだ!

 これは日本が悪い奴らに乗っ取られるということか!!

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ