記憶違いはパラレルワールドの影響だった!? 超常現象研究家が主張する“マンデラ効果”が無視できない理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

■モハメド・アリは1990年代に亡くなっていた!?

記憶違いはパラレルワールドの影響だった!? 超常現象研究家が主張するマンデラ効果が無視できない理由とは?の画像2モハメド・アリ氏 画像は「Wikipedia」より

 ネルソン・マンデラ氏のケースだけではない。元WBA&WBC統一世界ヘビー級チャンピオンであるモハメド・アリ氏の昨年の訃報の時にも、一部の人々はひどく驚かされたという。もちろん熱心なファンにはショックだったが、そういう話とはまた別で、驚いた多くの人々にとってアリは1990年代からせいぜい数年前の間にすでに亡くなった人物であったというのだ。とすればこれもまた、別の平行世界でアリが90年代に亡くなった“事実”が、ある一群の人々の体験と記憶に滑り込んできたということなのだろうか。

 またこの2人のケースほど人数は多くないものの、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990年)で一躍有名になった俳優、パトリック・スウェイジの2009年の逝去が信じられない(もっと前に亡くなっていた)という人々がおり、さらに興味深いのは2005年にアメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナによる大災害が2005年の8月ではなく、不思議なことに同年4月だったと記憶している人が無視できない数、存在しているという。

 こうして具体的に例を挙げられるとますます気になる“マンデラ効果”だが、精神科学の世界からはそれらの現象は誤情報効果(misinformation effect)に該当するのではないかという指摘もあるようだ。

 誤情報効果というのは、いきなりもたらされた情報によって、当人の昔の記憶が変る可能性をはらむ現象で、たとえその情報がウソであっても過去の記憶の信頼性が揺らいでくるという心のメカニズムである。例えば昨年急にもたらされたモハメド・アリ逝去のニュースにショックを受けた人々の一部には、その訃報の影響で自身が持つアリに関する記憶があいまいになり「……? もうとっくの前に亡くなっていたのではないのか?」と過去の記憶がなんとなく改変されてしまったということになる。とすれば誤情報効果説でも説明は可能になるのかもしれない。

記憶違いはパラレルワールドの影響だった!? 超常現象研究家が主張するマンデラ効果が無視できない理由とは?の画像3ハリケーン・カトリーナの被害 画像は「Wikipedia」より

 昨年、オックスフォード英語辞書は2016年の世界をあらわす言葉にポスト真実(post-truth)を挙げたが、そこへもしパラレルワールドの干渉も加わるとすれば何がこの世の真実であるのか、ますます混乱が増してくるのかもしれない。パラレルワールドの影響があるのならなおのこと、世の中の真実の動向をよく見定めて混迷の時代に備えたいものである。
(文=仲田しんじ)

参考:「Express」ほか

コメント

4:匿名 2017年2月11日 12:22 | 返信

プレスリーのイベントで、生きたプレスリーが激写される、という記事があったけど、あれもまさしくそうなのか?

3:匿名 2017年2月10日 18:39 | 返信

大変だ!
私もパラレルワールド経験者だぞ。
志村けん氏とか、槇原敬之氏が亡くなったということを聞いた記憶は間違いなく有る。
経験者としてトカナのインタビューに無償で答えてやってもいいぞ。

2:匿名 2017年2月10日 15:50 | 返信

ゴーストの俳優はガチ。当時付き合ってた彼女がその記憶があり、その話をしてる最中にその俳優の死がテレビで伝えられた。あまりにも偶然だし、自分自身も違う俳優が死んでる記憶があったのでその会話になった時だった。自分はその俳優が好きでその出演作をネットで調べてるうちに彼の死を知った。当時はそれに関する情報ばかりだったのにその日は彼の死に関する情報が激減していたので彼女とその話になった。で、「死んだのはゴーストの人だよ」って言われた時にその悲報が飛び込んできた。勿論二人とも異様な雰囲気に包まれたよ。ちなみに自分が好きだった俳優は死んでおらず、何故だか今は奥さんがスキー事故で亡くなった事になってる。多分、ゴーストの俳優が亡くなった日に何か秘密があるんじゃないかな?

1:匿名 2017年2月10日 13:53 | 返信

眠っている時に見る夢が、支離滅裂(例えば、車を運転していると思ったら、次のシーンでは電車に変わっていた、みたいな)なのは、実は、次々に入れ替わるパラレルワールドの自分を見ていたのでは?なんて考えたことはあるw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。