前代未聞の“空飛ぶ巨大クロワッサン”が激写される! 海底基地から飛び出した新種UFOか!?=マルタ島

 1989年、米ソ冷戦の終結を宣言したマルタ会談が開催された、地中海中央部に位置するマルタ島で、なんとも奇妙なUFOが出現していたという。

 英紙「EXPRESS」(3月11日付)によると、その奇妙な物体が撮影されたのは2016年10月5日。最近になって、目撃者の証言とともに世界最大のUFO研究機関MUFONに投稿され、話題を呼んでいるということのようだ。

 それでは早速、問題の画像をご覧いただこう。

前代未聞の空飛ぶ巨大クロワッサンが激写される! 海底基地から飛び出した新種UFOか!?=マルタ島の画像1画像は「EXPRESS」より引用
前代未聞の空飛ぶ巨大クロワッサンが激写される! 海底基地から飛び出した新種UFOか!?=マルタ島の画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 どこまでも広がる穏やかな海。晴れわたる青い空。マルタ島はヨーロッパでは人気のリゾート地のようだが、それも肯ける光景だ。のんびりバカンスを満喫するには最適の土地だろう。ただ、問題は薄く伸びた雲のさらに上空。小さく映った影を拡大してみると、異様な形の茶色い物体が空に浮かんでいるではないか。

 なんとも言い表すのが難しいこの物体であるが、トカナではお馴染みのUFO研究家スコット・ウェアリング氏は“クロワッサン型” と評しているのでそれに従おう。言われてみれば、色といい形といい“クロワッサン”そっくりだ。しかし指摘するまでもなく、こんな形の飛行物体は見たこともない。飛行機やドローンは言うに及ばず、これまで多様な形状が報告されているUFOであっても、前例は見当たらない。

 この“クロワッサン”に似た物体の撮影者が、MUFONにコメントを寄せている。それによると、問題の写真はマルタ島東部の海に面した都市マルサスカーラで撮影されたもので、風景を捉えた3枚の写真に問題の物体が写り込んでいた。撮影者はすぐに物体の存在に気づいたが、それから15分ほどすると突然消えてしまったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ