【衝撃】サハラ砂漠は“人工砂漠”だった! 科学メディアの発表に大反響、定説覆る可能性

関連キーワード:

,

,

,

,

【衝撃】サハラ砂漠は人工砂漠だった! 科学メディアの発表に大反響、定説覆る可能性の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 世界最大規模の砂漠「サハラ砂漠」。あまり知られていないことだが、実はサハラ砂漠は8000年前まで森林が生い茂る豊かな土地だったと言われ、砂漠の地下には巨大な川の痕跡も見つかっている。それがどうして、北米とほぼ同じ面積を持つ巨大不毛地帯に様変わりしてしまったのだろうか?


■サハラ砂漠化は人間の責任、8千年前まで緑豊かな土地

 従来の理論では、緑豊かなサハラが急速に砂漠化した原因は“地軸のズレ”による気候変化とされてきたが、ここにきて考古学の常識を大きく覆す新説が飛び出してきた! 科学ニュースメディア「Science Daily」(3月14日付)が報じている。

 韓国・ソウル大学校の考古学者デイヴィッド・ライト教授によると、サハラの砂漠化は人間が引き起こした“人災”だというのだ。

「東アジアでは、新石器時代の人々が環境を変えてしまい、モンスーンが内陸で発生しなくなった、という長く確立された理論があります」

【衝撃】サハラ砂漠は人工砂漠だった! 科学メディアの発表に大反響、定説覆る可能性の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 8000年前、人類がナイル川付近に進出し、サハラ地域を西進しながら、畑作や牧畜をひろく始めたことが砂漠化の大きな原因であるという。というのも、畑作によって土が太陽光にさらされるようになり、牧草をエサとする家畜によってさらに土が露出したことで、アルベド(太陽の光を地球が反射する割合)が増加、降雨量が減少していったからだ。雨が少なくなれば植物も育たず、土地は砂漠化する。

 今後、ライト教授は自説を裏付ける考古学的証拠を収集するため、かつて湖だった場所に残された当時の植生変化を調べる予定とのことだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ