オーガズムで脳が「変性意識にアクセスしている」ことが判明! 科学者「リズミカルな刺激が好ましい」

 セックスをまじめに科学すると、人は常に新しい事実に驚愕させられる――。


■「セックスを心理学的にいえば『変性意識状態』」

 何世紀もの間、性科学の分野では、人がオーガズムに達したときの脳内変化について解明を試みるも、さほど進展はなかったとされている。しかし、科学技術情報サイトの「Collective Evolution」によれば、この疑問に対し、米ノースウェスタン大学神経科学者のアダム・サフロン博士が論文「Socioaffective Neuroscience & Psychology」の中で、性的絶頂感のメカニズムを解き明かしたという。

「セックスは、快楽と情緒的結びつきの源といえるでしょう。ですが、心理学的にいえば『変性意識状態』なのです」(アダム・サフロン博士)

オーガズムで脳が「変性意識にアクセスしている」ことが判明! 科学者「リズミカルな刺激が好ましい」の画像1 「Collective Evolution」の記事より

 この変性意識状態とは、1969年にアメリカの心理学者チャールズ・タートが提唱したもので、高熱、睡眠不足、酸欠や催眠状態、薬物摂取などにより、一時的に通常とはまったく異なる心理状態に陥ることを意味する。

 つまり、人は性的な興奮状態にあると、ニューロン(神経細胞)は催眠をかけられたような特殊な精神状態へとフォーカスされ、その瞬間は普段意識されるような周囲の物音や匂い、その他すべてがブロックされて全感覚が一点に集中し、同時に自己意識の喪失――トランス状態が起こるというのだ。神経科学的にはオーガズムとは、まったく別次元への意識の到達ということらしい。まさに“意識が飛ぶ”という状態を表している。

オーガズムで脳が「変性意識にアクセスしている」ことが判明! 科学者「リズミカルな刺激が好ましい」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで