昏睡中に3906年にタイムスリップした男「ディーナッハの未来予言」が話題! “スイスの未来人”が語った戦慄の人類史とは?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 一流の科学者や未来学者といえども、数十年先の未来を予想するのが関の山だが、この度なんと、今から2000年後の未来まで網羅した驚愕の「歴史書」が出版され、英語圏で異例の大ヒットを記録していることが明らかになった!


■「未来の年代記」

昏睡中に3906年にタイムスリップした男「ディーナッハの未来予言」が話題! スイスの未来人が語った戦慄の人類史とは?の画像1『Chronicles From The Future: The amazing story of Paul Amadeus Dienach』「Amazon.com」より引用

 問題の書籍は『Chronicles From The Future: The amazing story of Paul Amadeus Dienach(未来からの年代記:パウル・アマデウス・ディーナッハの驚くべき話)』。2016年3月(Kindle版は2015年11月)に英語訳が出版され、米「Amazon.com」のジャンル別ランキングで2位を記録するなど、大きな話題となっている。

 著者は、スイス人のパウル・アマデウス・ディーナッハ。フランス語やドイツ語の教師だったという以外あまり情報がない謎多き人物だ。彼は生まれつき体が弱く、1921年にこん睡状態に陥ってしまう。その後1年にわたり意識不明の状態となるが、この時、彼の意識は遥か西暦3906年に住むある男の体内に「意識スライド」していたという。

 ディーナッハによると、西暦3906年では「意識スライド」は知られた現象だったため、未来人らは彼を好意的に迎えいれ、21世紀~39世紀までの歴史をディーナッハに語り聞かせたという。未来での滞在は1年にわたったが、ついに1922年、こん睡状態から目覚めたディーナッハは、彼らから聞いた未来の歴史を日記形式で記録。これが今日まで伝えられている『未来からの年代記』である。その後もディーナッハの体調は優れず、より良い気候を求めてギリシアやイタリアなどを転々とするが、1924年に結核で亡くなってしまう。それでは、オルタナティブニュースサイト「EWAO」の記事を参考に、衝撃の未来史を見ていこう。


●2000年~2300年

昏睡中に3906年にタイムスリップした男「ディーナッハの未来予言」が話題! スイスの未来人が語った戦慄の人類史とは?の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 人類は、人口過剰、栄養失調、環境破壊、経済格差、欠陥のある金融システム、局所的な小規模紛争などの問題をまだ解決できないでいる。内面的・精神的な成長を求める暇なく、細々とした経済的生き残りに必死になっている。

2204年
 火星の植民地化が完了。2千万人が移住。

2205年
 火星で大規模自然災害が発生し、移住者が全滅。以来、人類は火星の植民地化を断念する。

2309年
 山積する地球規模の未解決問題が限界を迎え、世界大戦に突入。現在我々が知る文明のほとんどが消滅し、黄色人種と黒色人種がほぼ全滅する。

2396年
 大きな変化が起こる。科学者、技術者、人道主義者から構成される世界政府が設立され、貨幣が無くなり、全ての資源が全ての人々に再分配されるようになる。人口過剰、気候変動、栄養問題、環境破壊といった問題が最終的に解決され、労働時間も徐々に減り、新たな暦が制定される。

 しかし、人々はまだ国家への帰属意識を持っていないため、各国政府は世界政府の専制に数世紀にわたり反対。世界市民としての意識を持つようになるのは2~5世紀後のことだという。一般的な経済格差はもはや存在しないものの、技術や資産に関する不平等が存在する。人々はまだ精神的に発達しておらず、この時代は「暗黒時代(Dark Age)」と呼ばれ、西暦3400年まで続く。

3382年
 人類の脳に劇的な変化が起こる。「超視覚(hyper-vision)」や「超直観(hyper-intuition)」を持つ人々が次々と現れ、「偉大なスピリチュアルの光(the great spiritual light)」や「直接知(direct knowledge)」にアクセスできるようになり、人類の創造力が飛躍的に向上する。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ