「独りになりたかったから」ある日突然、森の中に27年間ひきこもった男! 究極ニート生活の実態とは!?

 パソコンや携帯電話さえあれば人と会話をせずに欲しい物はほぼ手に入るという便利な世の中だが、全ての人がその状況に満足しているわけではないようだ。今回紹介するのは3月15日付の「Mirror」が報じた、静寂を求めてそれまでの暮らしから立ち去った青年の話題である。


■マイナス7度を生き延びるために身につけたスキルとは

「独りになりたかったから」ある日突然、森の中に27年間ひきこもった男! 究極ニート生活の実態とは!?の画像1ここに27年間……あなたは暮らせるだろうか? 「Mirror」の記事より

 アメリカのメイン州に住む当時20歳だったクリストファー・ナイトは、優秀だったが照れ屋な青年だった。コンピューター関連の技術士になりたいと夢見ていた彼はある日、自宅を出て車のガソリンがなくなるまで運転した後、車を捨てて森の中へ消えてしまったのである。

 そしてクリストファーは食料を盗んだ罪で逮捕されるまで何と27年もの間、誰とも言葉を交わさなかったという。冬はマイナス7度まで気温が下がる中、その場しのぎのテントで暮らしていた彼は地図もコンパスも持たず、テントとリュックサックとわずかな食料品しか所持していなかった。それでも彼は、ちまたの本で読んだ程度のサバイバルの知識しか持ち合わせてなかったというから驚きだ。

 森の中に腰を落ち着けて日が経つにつれ、クリストファーは食料や日用品が必要だということに気が付いた。しかし周りを見回しても野菜や果物などはなく、食料を入手することはできなかった。クリストファーは居心地が良いとは言い難い場所にテントを設置した後、そこからそう遠くない所にある100を超えるキャンプ場のコテージの数々に目をつけ、訪れる宿泊客を標的に盗みをはじめたのだ。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

「独りになりたかったから」ある日突然、森の中に27年間ひきこもった男! 究極ニート生活の実態とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで