「独りになりたかったから」ある日突然、森の中に27年間ひきこもった男! 究極ニート生活の実態とは!?

 パソコンや携帯電話さえあれば人と会話をせずに欲しい物はほぼ手に入るという便利な世の中だが、全ての人がその状況に満足しているわけではないようだ。今回紹介するのは3月15日付の「Mirror」が報じた、静寂を求めてそれまでの暮らしから立ち去った青年の話題である。


■マイナス7度を生き延びるために身につけたスキルとは

「独りになりたかったから」ある日突然、森の中に27年間ひきこもった男! 究極ニート生活の実態とは!?の画像1ここに27年間……あなたは暮らせるだろうか? 「Mirror」の記事より

 アメリカのメイン州に住む当時20歳だったクリストファー・ナイトは、優秀だったが照れ屋な青年だった。コンピューター関連の技術士になりたいと夢見ていた彼はある日、自宅を出て車のガソリンがなくなるまで運転した後、車を捨てて森の中へ消えてしまったのである。

 そしてクリストファーは食料を盗んだ罪で逮捕されるまで何と27年もの間、誰とも言葉を交わさなかったという。冬はマイナス7度まで気温が下がる中、その場しのぎのテントで暮らしていた彼は地図もコンパスも持たず、テントとリュックサックとわずかな食料品しか所持していなかった。それでも彼は、ちまたの本で読んだ程度のサバイバルの知識しか持ち合わせてなかったというから驚きだ。

 森の中に腰を落ち着けて日が経つにつれ、クリストファーは食料や日用品が必要だということに気が付いた。しかし周りを見回しても野菜や果物などはなく、食料を入手することはできなかった。クリストファーは居心地が良いとは言い難い場所にテントを設置した後、そこからそう遠くない所にある100を超えるキャンプ場のコテージの数々に目をつけ、訪れる宿泊客を標的に盗みをはじめたのだ。

「独りになりたかったから」ある日突然、森の中に27年間ひきこもった男! 究極ニート生活の実態とは!?の画像2仙人と呼ばれていたクリストファーの逮捕時 「Mirror」の記事より

■盗みの手口と複雑な胸の内は?

 27年間という長い期間、クリストファーの生活を支えた食料や日用品は1000件を越える盗難による物品だったのだが、一体どのような手口だったのか。

 テント近くの湖からカヌーを無断で拝借し、人目につかぬように1時間ほど暗闇の中を湖の淵に沿って漕ぎ続け、コテージ近くの湖畔に乗りつけるのだ。人目に付きにくく、雨で足跡が消されるようにという理由から、犯行は必ず荒天の夜間に行われた。その際に万が一宿泊客に姿を見られても怪しまれないよう、クリストファーは自身のヒゲを整え身ぎれいにすることも忘れなかった。

 盗難現場にどれだけ滞在したかを把握するために常に腕時計を身につけ、コテージなどの鍵を破るべく、バッグいっぱいのスクリュードライバーを持ち運んでいた。後にクリストファーは盗みを働くことについて「盗んでいる間、そこには安らぎなど一瞬たりともなかった。アドレナリンが出て、心拍数と血圧は急上昇していました。盗みの現場にいる間は常に怖かったのを覚えています。とにかく早く切り上げたい一心でした」と述べている。

 クリストファーが恐怖を感じながらも盗みを重ねていく中、宿泊客たちがその犯行に気づくのに時間はかからなかった。驚くのは多くの宿泊客がクリストファーが困らないようにと、わざと食料を残していき、中には必要な物をメモ用紙に書くよう声をかける人もいたが、クリストファーはこれらの全てを無視したという。

 コテージのオーナー男性もクリストファーの犯行の被害者だ。男性は以前からコテージへの相次ぐ侵入、盗難に頭を抱えていた。キャンプ場には高セキュリティの防犯システムが設置され、そして遂にその姿を監視カメラに収められたクリストファーは現行犯逮捕された。拘束された際のクリストファーは盗品であろう新品の靴と手袋を着用していた。

「独りになりたかったから」ある日突然、森の中に27年間ひきこもった男! 究極ニート生活の実態とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル