ピラミッドは“1万2500年前”に“複数の宇宙人”が建造した!? 「3つの新証拠」が考古学の常識を覆す!

「世界7不思議」の1つであるギザの大ピラミッド。表の歴史では、エジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墳墓として紀元前2560年頃に建築されたと考えられているが、異論も多く存在する。その中でもとびきりのロマンを持つのが「宇宙人建造説」だ。


■古代エジプト文明の謎

ピラミッドは1万2500年前に複数の宇宙人が建造した!? 「3つの新証拠」が考古学の常識を覆す!の画像1画像は「Express」より引用

 考古学者にとっては噴飯ものの珍説であるが、UFOコミュニティではもはや“常識”となっている。また宇宙考古学の観点からすれば、宇宙人の介入なくしてピラミッドの建設は不可能とさえ言われている。たとえば、世界的宇宙考古学者であるジョルジョ・ツォカロス氏は、UFO研究サイト「Legendary Times.com」のインタビューで、古代エジプト文明について次のように語っている。

「シュメール文明とエジプト文明を考えて見て下さい。どちらも類を見ないほど高度に発達した文明です。これらの文明以前、人類は洞窟に暮らしていたんですよ」(ツォカロス氏)
「どちらの文明にも、技術面での進化の痕跡がありません。つまり、基礎的な段階から洗練された形へ発展していったわけではないのです。あたかも最初から全てを知っていたかのように、洗練された技術が突然出現したのです」(同)

 洗練された技術の唐突な出現。これこそ宇宙人による技術支援に他ならないというわけだ。人類史を大きく覆す可能性を秘めた大胆な説だが、この度、さらなる驚愕の新説が飛び出してきた。なんと、ピラミッドの成立は紀元前1万頃だというのだ!

ピラミッドは1万2500年前に複数の宇宙人が建造した!? 「3つの新証拠」が考古学の常識を覆す!の画像2画像は「Express」より引用

 映画『紀元前1万年』で描かれたように、その頃はまだ人類がマンモスを狩猟していた時代だ。日本では縄文時代の早期にあたる。もちろん、古代エジプト文明もまだ存在しない。

 もし、この時代にピラミッドが存在したとすれば、人類ではない高度な知的生命体が建設したと考える他ないだろう。英タブロイド紙「Express」(4月19日付)の記事と、記事内で引用されているUFO研究サイト「The outerworlds」の解説を参考に詳細を見ていこう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ