水は飲むのではなく食べるものになる!? 科学界で話題の2つの「水革命」が世界の環境を激変させる!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

■空中から水を絞り出す技術も実現

 水の革命は、とどまるところを知らない。

 アメリカでは、シンプルな装置を使って空中から水を絞り出し、保存する実験に成功したという。この画期的な技術を考案したのはマサチューセッツ工科大学(MIT)とカリフォルニア大学バークレー校(UC バークレー)の科学者たちだ。

 プロトタイプの装置は「金属有機構造体(Metal Organic Framework:MOF)」と呼ばれ、空気中の湿気を水蒸気化し、それを結露させて水に変換するというもの。実験は、現実的な環境下での動作確認を目指し、MOFを屋上に置いて行った。

 この装置の注目すべき点は、エネルギー源として使われるのが太陽光のみということだろう。湿度20%程度の乾燥地帯であっても平均で12時間稼働させれば、数リットルの水を空気中から生成することができるそうだ。

水は飲むのではなく食べるものになる!?  科学界で話題の2つの「水革命」が世界の環境を激変させる!の画像2 画像は「UC Berkeley」より

 研究メンバーの1人、UCバークレー校で科学を教えるオマール・ヨギ教授は「『パーソナライズド・ウォーター』と呼んでいます。電気や水道のない個人宅や農場などでも、これさえあれば飲水や生活用水に困らなくなるはずです」とコメントしている。

 また、研究論文の共著者であるMITの機械工学士エブリン・ワン氏は「いたってシンプルな仕掛けです。太陽光と空気で水を作り出せるんですから。2、3年以内に完成させて大量生産したいと思います。そして、誰でも手に入るような手頃な価格で売り出せたらと思っています」と抱負を語っている。

 世界の人口のおよそ3分の1は、湿度の低い乾燥地域に住んでいるという。干ばつや乾季の大地で飲み水に困っている人たちが、オーホーやMOFの出現により、衛生的な水に簡単にアクセスできる日が1日も早く来ることを願ってやまない。
(文=佐藤Kay)

参考:「Express」、「Unexplained Mysteries」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

水は飲むのではなく食べるものになる!? 科学界で話題の2つの「水革命」が世界の環境を激変させる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで