首なし修道女、ブルー・レディ、生首を抱える王妃…! 世界で語り継がれる恐すぎる女の亡霊5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■首なし修道女

1705_ladyghostintheworld_3.jpg画像は、「FAR&WIDE」より

 カナダ・ニューブランズウィック州には、古くから語り継がれる女の亡霊が存在する。18世紀半ばにフランスと英国の間で争いが始まり、当時フランスの植民地であったフレンチ・フォート湾に砦が建設された。砦の中には多くのアカディア人(フランス人入植者)が身を潜めており、その中には後に“首なし修道女”と呼ばれるシスター・マリーの姿も。彼女は病気を患ったアカディア人の世話のほかに、必要な物資を購入する資金の管理も任されていた。ある夜、病人の看護から戻ったシスター・マリーは何者かに襲われる。犯人は資金の在りかを教えるよう脅したが、口を割らなかったため彼女の首を切断。その後、シスター・マリーの首は決して見つからなかったという。噂では深夜にフレンチ・フォート湾を訪れると、首を失ったシスター・マリーが現れ、無くした首を探すよう頼んでくるといわれている。

人気連載
あなたが“運命の人”と出会えない原因がわかる絶望の4択占い! 自分を見つめ直して… Love Me Doが激辛アドバイス!

あなたが“運命の人”と出会えない原因がわかる絶望の4択占い! 自分を見つめ直して… Love Me Doが激辛アドバイス!

■“運命の人”と出会えない理由 「あなたの目の前に現れた...

人気連載
オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

石川翠のワールド・ミステリー・探訪【ウィーンの少女神隠し事件...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。