首なし修道女、ブルー・レディ、生首を抱える王妃…! 世界で語り継がれる恐すぎる女の亡霊5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■アン・ブーリン王妃

1705_ladyghostintheworld_5.jpg画像は、「The Anne Boleyn Files」より

 英国に伝わる、最も有名な女の亡霊の1人に“アン・ブーリン王妃”がいる。ヘンリー8世の第2夫人であったアン王妃は、世継ぎとなる男児の出産を期待されていた。しかし産まれてきたのが女児であったことに幻滅したヘンリー8世は、その後ジェーン・シーモアを第3夫人に迎えている。1人目の出産後、アン王妃は再び妊娠をしたが死産という結果に。世継ぎを産めないアン王妃に対し愛想を尽かしたヘンリー8世は彼女に不貞の濡れ衣を着せ、ロンドン塔の断頭台でアン王妃の首をはねてしまった。彼女が斬首された翌日の晩には、首の無い4頭の馬が引く馬車の中に、切断された首を抱えるアン王妃の姿が目撃されたとか。またロンドン塔でもアン王妃の亡霊はたびたび目撃されており、教会内部を歩き回っているといわれている。

1705_ladyghostintheworld_6.jpg画像は、「itv」より

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。