原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人

“超能力者”や“霊能力者”と呼ばれる、生まれながらに不思議な能力をもつ人間が存在する。その中には、未来に起きる出来事を、あたかも実際に目にしてきたかのように言い当ててしまう者もいるほどだ。そこで今回は、過去に起きた歴史的な出来事の数々を予言し、的中させた予言者5人を紹介しよう。


■「タイタニック号」沈没事故

原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人の画像1画像は、「Wikipedia」より

 1898年、米国人作家モーガン・ロバートソンは『愚行(または、タイタン号の遭難)』と題した本を出版した。彼は同書の中で「SSタイタン号」と名付けられた船が、北大西洋に浮かぶ氷山に衝突し、沈没するという架空の物語を執筆。そして『愚行』の出版から14年が経過した20世紀初頭、世界一の豪華客船「タイタニック号」が英国で建造され、米国ニューヨーク州へ向けて処女航海に旅立つ。しかし北大西洋を航海中、突如現れた氷山に船腹が接触し、沈没。1,500人を超える死者を出す歴史上稀に見る海難事故となった。「タイタニック号」が沈没した状況と、モーガンが『愚行』の中で描いた「SSタイタン号」の沈没の状況が酷似していることから、彼が「タイタニック号」沈没事故を10年以上も前から著書の中で予言していたといわれている。

原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人の画像2画像は、「index」より

 

■原子爆弾の発明

原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人の画像3画像は、「Wikipedia」より

“SFの父”の異名をもつ英国人作家ハーバート・ジョージ・ウェルズは、著書『解放された世界』の中で原子爆弾の存在を予言していた。ウェルズは、原子爆弾が兵器として使用される以前の第一次世界大戦前に同書を出版しており、同書の中で“継続して爆発し続けるウラニウム製の手榴弾”の存在を描いている。しかし不思議なことに、ウェルズは放射性元素に関する科学的知識がなく、原子力を兵器化する方法など知る由もなかった。そして『解放された世界』が出版された1914年から31年後、ウェルズが描いた悲惨な世界は現実のものとなってしまう……。

原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人の画像4画像は、「Wikipedia」より

■ウォール街の株価大暴落

原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人の画像5画像は、「HISTORIC MYSTERIES」より

“20世紀最大の奇跡の人”と称されたエドガー・ケイシーは、1900年代初頭の米国で非常に人気のあった予言者だ。彼は透視により1万4,000件以上の予言を行っており、中には日本への原子爆弾投下やヒトラーの自殺など、後に実際に起きることになる大地震も言い当てている。また1925年、エドガーは「4年後に米国を大不況へと導く未曾有の経済破綻が起きる」と予言した。すると1929年、実際にニューヨーク市の株式市場で株価の大暴落が起き、国内だけでも1,300万人が職を追われ、街は失業者で溢れ返るというエドガーの予言通りの事態が発生した。

原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人の画像6画像は、「Impact of Wall Street Crash」より

原爆投下から月面着陸まで!! 未来の出来事をズバリ言い当てた人類史上最も優れた予言者5人のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで