アンドロメダの「超巨大ブラックホール」が時速40万kmで地球に接近中! 太陽の400万倍の質量に呑み込まれ地球滅亡へ!

関連キーワード:

,

,

アンドロメダの「超巨大ブラックホール」が時速40万kmで地球に接近中! 太陽の400万倍の質量に呑み込まれ地球滅亡へ!の画像1画像は「Express」より引用

 やはり、我々は滅亡する運命にあるのだろうか。超巨大ブラックホールが地球に向かって爆走しているという絶望のニュースが舞い込んできた。さらに、このままいくと、いずれ地球を飲み込み、人類を含めた全ての地球上の生物が滅亡するというのだ!


■超巨大ブラックホールが時速40万kmで接近中

 英紙「Express」(7月31日付)によると、地球がある天の川銀河の隣、アンドロメダ銀河の中心に存在する、太陽の400万倍以上の質量を持つ巨大ブラックホールが、秒速110km(時速約40万km)で我々の住む天の川銀河に向かって近づいてきているという。

 隣の銀河の出来事と思うかもしれないが、天の川銀河とアンドロメダ銀河は重力により互いに引き付けあっており、いずれ衝突する運命にあると言われている。それも単なる衝突ではなく、超巨大ブラックホールが我々もろとも天の川銀河を飲み込んでしまうというから問題だ。

アンドロメダの「超巨大ブラックホール」が時速40万kmで地球に接近中! 太陽の400万倍の質量に呑み込まれ地球滅亡へ!の画像2画像は「Express」より引用

 焦ったところで地球から逃げられるわけではないが、気になる衝突時期はいつになるのだろうか? 果たして、我々に心の準備をする時間は残されているのだろうか? ご心配なく。アンドロメダ銀河は250万光年先にあるため、超巨大ブラックホールが天の川銀河を飲み込むのは40億年後のことになるとのことだ。とりあえずのところ我々に危険はない。

 だが、これで安心していられないのが宇宙の厄介なところ。というのも、ほとんどの銀河系の中心には超大質量ブラックホールが鎮座していると考えられており、もちろん我々が住まう天の川銀河にも、地球から2万6千光年離れた、いて座A*の方向に太陽の410万倍ほどの超巨大ブラックホールが存在するからだ。

■宇宙はブラックホールに溢れている

アンドロメダの「超巨大ブラックホール」が時速40万kmで地球に接近中! 太陽の400万倍の質量に呑み込まれ地球滅亡へ!の画像3画像は「Express」より引用

 科学ニュースサイト「Phys.org」(2016年8月16日付)のフレイザー・チェイン氏によれば、そのブラックホールは「獰猛なサメのように惑星のシステムを引き裂き、飲み込んでいる」というから恐ろしい限りだ。その上、以前トカナでもお伝えしたように、銀河系を脱出しつつある超巨大ブラックホールが時速約720万kmという驚異的なスピードで宇宙空間を疾走していることも分かっている。

 近年、アインシュタインが予言していた重力波が検出されるようになり、かつて何度もブラックホール同士の衝突が起こっていたことが明らかになってきた。どうやら我々が想像していた以上に、宇宙にはブラックホールが溢れているようだ。

 それにしても、手あたり次第に周囲を飲み込む超巨大ブラックホールがほかにいくつもあるのだとしたら、きわめて不気味な話である。今我々が、安定した状態を保ち続け、生命が繁栄しているこの時代の地球に生きていること自体、奇跡的なことのように思えてならない。

参考:「Express」、「Phys.org」、ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

アンドロメダの「超巨大ブラックホール」が時速40万kmで地球に接近中! 太陽の400万倍の質量に呑み込まれ地球滅亡へ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル