世界初、人間の脳とインターネットの直接接続に成功!“ブレインターネット”時代が遂に幕開け

 遂にというべきか、人間の脳がインターネットにつながる日がやってきた。我々の脳がIoT(Internet of Things)になる時代がやってきたのだ。


■EEG装着者の脳波データをリアルタイムでネット上に公開

 脳とコンピュータの融合を提唱している人物は多い。かのイーロン・マスク氏も、脳に埋め込むタイプの超小型デバイス“ブレインチップ”の開発に着手しているのはご存じの通りだ。

 しかし一般の人間にとって心理的なハードルになるのはやはり外科手術を伴うことである。しかし一方で、ヘッドセット型、あるいはキャップ型の通称「EEG」と呼ばれる外科的な措置を伴わない脳波計測装置も高性能化が進んでいる。

 南アフリカ・ウィットウォーターズランド大学の研究チームが、市販のEEGを使って脳波をリアルタイムでインターネット上へライブストリーミングとして配信することに成功した。こうした試みが行われたのは史上初のことで、研究チームはこの試みをブレインとインターネットをかけあわせた「ブレインターネット(Brainternet)」と呼んでいる。

 研究チームは市販のEEGである「Emotiv EEG」と、主に教育機関で活用されている小型のシングルボードコンピュータであるRaspberry Pi(ラズベリー・パイ)を使ったシステムで、14カ所の脳波のリアルタイムな活動状況をウェブサイトで公開した。脳波の詳細な電気的な動きがネットを通じてリアルタイムで公開されたのは史上初となる。

「このブレインターネットは、脳=コンピュータ・インターフェースの新たな最前線です。これまで、人間の脳の働きと情報処理過程を理解する上で、手軽にアクセスできる脳波の電気的活動データがありませんでした。このブレインターネットは継続的な脳波のモニタリングとインタラクティブ性を通じて、自分自身と他者の脳の理解を簡素化することを目指しています」と研究チームを主導したアダム・パンタノウィッツ氏は語っている。

世界初、人間の脳とインターネットの直接接続に成功!“ブレインターネット”時代が遂に幕開けのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル