「日本は来年憲法9条を捨てて戦争へ」世界一当たる予言者クレイグ・ハミルトン・パーカーの「2018年の予言11選」が絶望的すぎる!

 現在、世界のオカルト愛好家の間で“一番当たる”予言者といわれる英国人サイキックのクレイグ・ハミルトン・パーカー氏。そんな彼の「2018年の予言」がついに解禁され、大きな話題となっている。


■世界一当たる予言者のハンパない実績

 本題に入る前に、まずはクレイグ・ハミルトン・パーカー氏の実績から紹介しよう。彼はTV番組や著作、新聞のコラムなどで予言を発表し続ける傍ら、一般企業の広告宣伝部長という肩書きも持つ異色のサイキックである。

 トカナでは、もちろん2017年の予言を紹介しているが、ドナルド・トランプの米大統領就任や古代の巨大イカ出現など、その多くが見事に的中した。さらに過去の予言を紐解いても、英国民投票でのEU離脱派の勝利、仏における右翼台頭、ドローンによる「イスラム国」(IS)掃討作戦、独メルケル首相の暗殺計画発覚(いずれも2016年)、そして中国で発生した暴動や米国における穀物の大凶作(いずれも2012年)など、まさに的中のオンパレードだ。

■絶望的すぎる「2018年の予言」! 日本は…!?

 では、そんな稀代の予言者クレイグ・ハミルトン・パーカー氏が9月18日に明かした2018年の予言をいよいよ紹介しよう(抜粋)。来年は、どうやら“試練の時”とでもいうべき恐怖と混乱が私たちを待ち構えているようだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ