「LGBTと環境汚染は関連している」英の重鎮政治家が大炎上!

「大気汚染が性同一性障害を招く」――イギリスの重鎮政治家がそう証言し、イギリス中がざわついている。


■“環境ホルモン”がトランスジェンダー化の原因?

「LGBTと環境汚染は関連している」英の重鎮政治家が大炎上!の画像1Telegraph」の記事より

 イギリス保守党の元幹事長、ロード・ノーマン・テビット氏86歳。英メディア「テレグラフ」で、環境と性同一性障害の相関性について極端な持論を全英に披露した。

 テビット氏によると、汚染された空気に触れる時間が長いと、「自然現象」として性同一性障害になってしまうようで、実際にそう信じている科学者もいるとのことだ。

 彼はそう熱く語る。だから、プラスチック、化粧品、シャンプー、殺虫剤、それら関連化合物から出るエストロゲン作用を懸念するのだ、と……。しかし、化学物質と性同一性障害との関連性について「それを信じる科学者もいる」と言いながら、インタビューでは、一切科学的な根拠を示さずにいる。

「環境汚染のせいで性同一性障害になった」――これではまるで、性同一性障害があたかも「害悪」のような響きを持って人々の心に届いてしまいかねない。彼は、自分自身が重鎮政治家であり、イギリスではそれなりに影響力がある地位にいるということをすっかり忘れてしまっているのだろうか? 

 取材したテレグラフのインタビュアーは、結局、科学とLGBTの相関性よりも、テビット氏の現代社会に対する無神経さに注目することになり、彼の「人間の多様性を思いやらない政治姿勢」を指摘して締めくくった。

 そもそも、人生はその人自身が満足して過ごせれば良いはずだ。LGBTも単なる個性である。しかし、世の中の勝手な風潮から、本来は感じなくてもよい汚名を我が身に感じさせられ、個性にすぎないLGBTを公言できず、ひたすら苦しみ続ける人も多い。

 実際に、イギリスのあるアンケート結果では、性同一性障害の人たちの自殺願望率は41%という大変高い結果が出され、この割合はイギリス国民全体の1.4%に相当するというのだ。さらに、社会のこうした差別が原因なのか、性同一性障害者がいる家庭は低所得に陥らされているいう。どういうことか?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ