「最も議論を招くUFO写真だ」米軍基地に“あまりにも完璧な”ツヤツヤメタリックUFO出現! 10分静止→アクロバット飛行も… !

 快晴の青空が広がる砂漠に浮かぶUFOの写真が話題だ。滑らかな機体の表面は光沢を放ち、そろばん珠のようなシェイプのUFOが地面に影を作って浮いているのだ――。


■米軍基地の敷地内で浮遊していた“ツヤツヤ”UFO
 
“円盤”というにはかなり中軸部が高く盛り上がったシルエットのUFOが、クッキリと明瞭に写った写真が世を騒がせている。まるでそろばんの珠か、あるいはラーメン丼を上下に2つ重ねたような形状で、滑らかな機体の表面は太陽光を反射しており、上下異なるカラーリングのように見える。また、地面には低空に浮かぶ機体の影が落ちている。

「最も議論を招くUFO写真だ」米軍基地にあまりにも完璧なツヤツヤメタリックUFO出現! 10分静止→アクロバット飛行も… !の画像1Express」の記事より

 撮影場所は、アメリカ・カリフォルニア州の砂漠地帯にある米海軍チャイナレイク武器センターの敷地内で、10年前の2007年に撮影されたという。今まで公開されなかったのは、やはり当局の反応や圧力を恐れてのことのようだ。

 撮影したキース・ブラッドショー氏(仮名)は、基地に近づいてくるヘリコプターに目を向けたところ、このシルバーの浮遊物体の存在を確認したという。

 驚いたブラッドショー氏だったが、相手に発見されないよう身をかがめ、周囲の地面の色に溶け込むようにシャツを脱いで上半身裸になりこのUFOの様子をうかがい、5枚の写真を撮った。その間、たっぷり10分はあったということだ。

「最も議論を招くUFO写真だ」米軍基地にあまりにも完璧なツヤツヤメタリックUFO出現! 10分静止→アクロバット飛行も… !の画像2Express」の記事より

「UFOは地面に近い低空で揺れながら浮いていてとても不安定な状態に見えました。ですが、少し高くまで上昇すると揺れはピタリと止まり、数分間、完全に静止していました。何の音も発していませんでしたね」とブラッドショー氏は語る。

 ブラッドショー氏はこの基地で働いていた古い友人からミステリアスな航空機の存在についての話を聞いて興味を持ち、基地の敷地内へ潜入したということだ。不法侵入によって撮影した写真であることもあり、今まで公開をためらっていたようだ。

「誰かが中に乗っているようには思えなかったので、上空のヘリコプターから遠隔操縦されているのではないかと思いました。時折、アクロバット飛行のようなこともしていたので、操縦している人はきっと楽しんでいるんでしょう」(ブラッドショー氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ