KGBが撮影した「宇宙人記録映像4本」全1260分、生きたグレイも…! ソ連がエイリアンと秘密契約を結んでいた証拠か!

関連キーワード:

,

,

,

,

KGBが撮影した「宇宙人記録映像4本」全1260分、生きたグレイも…! ソ連がエイリアンと秘密契約を結んでいた証拠か!の画像1画像は「YouTube」より引用

 2011年、あるYouTubeユーザーが4つの奇妙なエイリアン動画を投稿した。同動画はロシアのKGBが保管していた機密映像の断片と見られ、その真偽を巡って今日もネットを騒がせている。


●1本目

1本目「YouTube」より引用

 2011年4月13日、YouTubeユーザー「ivan0135」が突如、真偽不明のエイリアン動画の公開を開始した。投稿した最初の動画には、円盤型のUFOとエイリアンの遺体と思しき物体がおさめられており、複数のソースによると、これはソ連(当時)の戦闘機が円盤型UFOを撃墜したところを撮影したものだという。


●2本目

2本目「YouTube」より引用
KGBが撮影した「宇宙人記録映像4本」全1260分、生きたグレイも…! ソ連がエイリアンと秘密契約を結んでいた証拠か!の画像2画像は「YouTube」より引用
KGBが撮影した「宇宙人記録映像4本」全1260分、生きたグレイも…! ソ連がエイリアンと秘密契約を結んでいた証拠か!の画像3画像は「YouTube」より引用

 2本目の動画は5月1日に投稿された。冒頭部分には、1本目にはなかった注意書きが書かれており、「1942年~1969年に撮影された7本の映像には、UFO事件の映像、地球外生命体の回収と研究の映像がおさめられている」、「映像の重要性から情報源は匿名にしたい」、「投稿した映像はテープ05のサンプル編集版で、オリジナルのテープは180分、全てのテープをあわせると1260分の映像」との旨が記されている。そしてその後、頭部の肥大した(スキニーボブと呼ばれている)我々がよく知るグレイ型エイリアンが映し出される。眼窩が深く、眼球を確認することはできないが、顔に比べて小さな鼻と口があることはハッキリと確認できる。この映像から真偽を確定することは難しい。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ