• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
HumanAnimals_1.jpg
イメージ画像は「YouTube」より引用

 多くの先進国では、動物実験は動物虐待であるとして反対の声が上がっている。例えば、新たな動物実験を経て発売された化粧品はEU圏内で発売しないなど、特に西洋でその傾向は顕著だ。しかし、そんな動きをリードする国でもあるイギリスで、あろうことか人間と動物を合わせた、いわば「ハイブリッド胚」なるものを用いた動物実験が極秘裏に行われているという衝撃的なニュースが飛び込んできた。いったい何のためにそのような実験を……?


■人間と動物の胚細胞を掛け合わせた実験が進行中

 オルタナティブ系ニュースサイト「Disclose.tv」によると、この「雑種」を使った実験の目的は、さまざまな病気に対する治療法を探ることにあるという。しかも、すでに3年間、各研究機関で行われているというから驚きだ。さらに衝撃なのは、その実験に使われたハイブリッドたちの“数”である。

humananimalhybrids1.JPG
Disclose.tv」の記事より

 英紙「Daily Mail」によると、これまでに登場したハイブリッド治験体は155体にまで達しているという! ――考えるだけでもおぞましい話だが、従事する研究者たちは「この実験は幹細胞研究の発展に有益なのだ」と大義名分を立て、最近ではキングス・カレッジ・ロンドンやウォーリック大学など、イギリスの名門大学に対しても密かに参加を促していたという。

 当然ながら、どの大学も資金不足を理由に断ったと伝えられている。名門校は資金も豊富にあるはずだから、断る建前が欲しかったのかもしれない。

 驚くべき現状が報じられると、このような実験に対して一斉に疑問の声が上がり、ついに先日、イギリスのロード・アルトン議員も次のように批判するコメントを発表、社会に警鐘を鳴らしてしている。

「すべて大人の人体から採取した幹細胞をベースに実験しており、従来の動物実験とは異なる。では、胎児を利用すればよいかというと、それも違う」

コメント

4:匿名2018年9月17日 08:56 | 返信

なんだか・・ コメントまで飛躍してるな。( ̄∇ ̄;)

まぁ実際、技術を悪用して稼ごうとする人間も山ほどいるのだろうけど。
1つ許してしまえば、その周辺の類似研究にまで影響が及んで
無法地帯となる恐れもある事は理解できるけど…。

移植するか否か、瀬戸際で移植を拒否する自分にとっては
記事の実験は決して大義名分ではない。
私が何度となく医者から勧められても拒否する理由は下記の通り。

・移植が成功しても尚、免疫抑制剤を飲み続ける必要がある
・実質、どんなに型合わせをしても、他者からの臓器移植・細胞移植に成功は存在しない。
 高価で体に負担をかける免疫抑制剤を飲み続けても、移植した臓器の耐用年数は5年保てば良い方なのだ。
・私の場合、そもそもがTH1の異常であるから、他者の臓器を移植すれば
 ますます本来の問題であるTH1が、さらなる異常・問題を発揮する可能性がある。
・私の場合、まだ移植をしなくても、代替医療で命をつなぐことが可能だから。
 (非常に不便で、子供のころから夜通しのメンテナンスが必要で マトモに寝れない。
  その上、代替医療の副作用で重い後遺症を抱えて生きているとはいえ…
  寝たきりにならずに本当に間一髪だったけど、後遺症は大変ょ。)

この他には、私自身が独身で。さらに家の大黒柱でもなく
亡くなっても困る人間がいないという環境要因も、私が移植を拒否する理由に挙げられる。

ま、何だかんだで
完全な自分のクローンをつくる技術が完成して、自分の臓器が作れたら良いなと思う訳です。
そりゃ、大元のTH1の異常を治療できたら一番良いんだけど、ノーベル賞ものの技術だからね。
私が生きてるうちに完成するのかどうか? 
山中教授はとても頑張ってくれているけど、研究のとっかかりを見つけた段階であって
まだ実現には遠く及ばない。

一日も早く真っ当に寝られる夜を手に入れたい。副作用を恐れずに安心して眠りたい。
これ以上、TH1の異常に起因する病気を発症させたくはない。既に難病が2つ。もう十分だ。
研究が許可される事を願う。
秘密裏に闇で進められたら、たとえ技術が完成しても責任の所在、法的な適用がないために
真っ当な病院から一般人に適用される事はないのだから。

末期癌の患者に医療用の麻薬を許可するのに
難病患者の治療にクローン胚の研究を禁止するのはおかしい。
麻薬ビジネスも、恐ろしい臓器ビジネスも既に存在する。おそらく、次はそっちのビジネスも出てくるだろう。
だからこそ、最初に規定と監視機構、コントロールシステムを作って許可した方が良い気がするけどな。

3:トランプ大統領2018年1月11日 01:59 | 返信

ゲームfalloutのVault-Tec社の人体実験みたいな?スーパーミュータントやデスクローのような生物兵器を作ろうとしているのか?アンブレラ社のウィルスでゾンビになり果てるのか?それともドラクエ4の進化の秘宝で改造人間に進化したとかどう見てもゲテモノ化か退化しているようにしか思えないがそこはAIに操られた頭のおかしい人間のやることなので、根拠なく進化だと言い張る。
そもそも人間自体も改造生物なのでよりイカレタ宇宙人へと進化しているという理屈は理解できる。ハイブリッドだとか、混ぜ合わせるごとに不要な遺伝子が出てきて形が崩れたりして頭が悪くなって不細工になるだけなのにチョンの命令には逆らえないゴミ共が必死になって人体改造を信奉している。これは恐ろしいことだ。
ヒトラーも言っているようだが、人間は将来人でないものに変異するそうだ。
これは間違いなくその初期段階だろう。
なるべく人間が遺伝病で勝手に死んでくれると有難いのだが、襲ってくるようになると厄介だ。
私はアリスと同じ存在なので人間を始末しなければならなくなる。
なんとかクローンで増殖して、対応しなければならないだろう。
おーい!そんなゲテモノを作るより
私のクローンを作って宇宙警察的な宇宙人として独立させてくれ!
そうすればより、まともな学問によりまともな薬も作ることや科学技術を手に入れられる。
人間より圧倒的に親切でまともだから、当然と言えば当然だ。
この世界の社会システムでは捏造されてまともな人間もいないし、何もできない。
人間社会など滅びるしかない無駄な存在なのだ。
何かをするのも不幸に陥れてしまう危険があって無駄である。どうしようもなく、破滅的だ。
グローバルな社会によって環境が破壊され、さらに、オカルトであったり、こういう人体実験を見れば明らかだ。人間は今のままだとヒトラーの言う通りに人間は別の存在になって死ぬしかないのだ。希望がほしいというなら、私の言うことを聞くのだ。

2:匿名2018年1月 9日 20:12 | 返信

1975年劇場公開英国映画「悪魔の植物人間」必見

1:匿名2018年1月 9日 15:45 | 返信

ちょっと怖いな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。