【ガチ】メキシコに謎の巨大“黒焦げ”クレーター出現! UFO墜落か、隕石か、マフィアか… 当局も重大関心

 メキシコに突如黒焦げの巨大な穴が現れ、UFOが墜落してできたクレーターではないかと話題になっている。英「Express」を始め、複数のニュースサイトが取り上げている。

■黒焦げのクレーター

 同紙が今月22日付で報じたところによると、謎のクレーターが発見されたのは今月17日のことだ。メキシコ北東部コアウイラ州を通る高速道路沿い、茶色い土で覆われた荒野に、突如として真っ黒な穴が現れたというのだ。

動画は「YouTube」より引用

 動画には約8m四方の巨大な黒い穴と、それを物珍しげに見下ろす人々や地元警察の姿が映っている。穴の中は真っ黒に焦げ、白い煙が立ち上っており、深さはよくわからない。底の方ではまだ小さな火の手が上がっているらしく、暗闇にゆらめく赤い炎も映っている。動画は18日にYouTubeにアップされ、たちまち数万回視聴された。

【ガチ】メキシコに謎の巨大黒焦げクレーター出現! UFO墜落か、隕石か、マフィアか… 当局も重大関心の画像1画像は「Express」より引用

 

【ガチ】メキシコに謎の巨大黒焦げクレーター出現! UFO墜落か、隕石か、マフィアか… 当局も重大関心の画像2画像は「Express」より引用

■原因は?

 突如としてクレーターが出現した原因は今のところ不明で、周辺からは隕石の破片なども見つかっていないという。ネットではUFOの墜落跡、あるいは着陸の跡ではないかと推測されているほか、最近アメリカで目撃された流星と関係しているのではないかという意見もある。

 クレーターが発見された前日の16日には、米ミシガン州で明るい光を放って落ちていく隕石が目撃されている。真っ黒焦げなクレーターは、飛来してきた隕石が地表に衝突する寸前に燃え尽きて作った可能性もある。またメキシコでも最近、流星の目撃例が増えているという話もある。

動画は「YouTube」より引用

 いかにも隕石かUFOの墜落跡のように見える黒焦げクレーターであるが、メキシコではこのような燃えた穴が過去に何度も発見されている。だが、その原因は空から落ちてきた“何か”ではなく、いずれも人間だ。メキシコの犯罪組織では地面に穴を掘って、その中で武器や薬物、時には死体を燃やすのだそうだ。

 真っ黒に焦げついた謎の巨大クレーターの原因はUFOか、隕石か、あるいは地元のマフィアなのか? 真相の解明が待たれる。

参考:「Express」「Youtube」ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【ガチ】メキシコに謎の巨大“黒焦げ”クレーター出現! UFO墜落か、隕石か、マフィアか… 当局も重大関心のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル