【HAARP】アラスカ大地震は「人工地震」だった!? 白根山やマヨン山…同時多発噴火も気象兵器の影響か?

関連キーワード:

,

,

,

 今月23日未明(現地時間)、米国アラスカ州でマグニチュード7.9を記録する大地震が起きた。現地では大きな揺れに住民が避難し、30センチメートルほどの津波が確認されたものの大事には至らなかった。インターネット上ではこの大地震が「HAARP」の実験により引き起こされたのではないかと話題になっている。

【HAARP】アラスカ大地震は「人工地震」だった!?  白根山やマヨン山…同時多発噴火も気象兵器の影響か?の画像1HAARPのアンテナアレイ(アラスカ州ガコナ)。画像は「Wikipedia」より引用


■HAARPがアラスカの地震を起こした?

 今月24日付の英「Express」の記事によれば、23日に起きたアラスカを震源とした地震は、米軍の秘密実験施設「HAARP(High Frequency Active Auroral Research Program、高周波活性オーロラ調査プログラム)」によって誘発された可能性があるという。HAARPは米軍などが共同でアラスカに設置した大気中にある電離層を調査研究するための施設だが、本来の目的は気象操作や地震を誘発する極秘兵器ではないかと以前より囁かれている。

 トカナでもたびたびお伝えしているが、陰謀論者の間では世界各地で多発する大地震や火山の噴火、巨大ハリケーンなどの大災害はHAARPが引き起こしているともっぱらの噂である。HAARPは空ではなく地面に電波を照射することで地下トンネルや鉱物資源、地下武器弾薬庫などを探すこともできるようなのだが、それだけではなく地震などの災害を誘発できるというのである。今回のアラスカの地震も、地下10キロメートルの断層にHAARPからの電波が当てられたため、巨大な地震が起きたのだという。著名な米国の陰謀論者Alex Jones氏は昨年11月に起きたイラン・イラク国境付近での大地震は米軍がHAARPを使って引き起こしたと主張している。また、地震のあった直前、HAARPに特有の大気の混乱があったとしている。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【HAARP】アラスカ大地震は「人工地震」だった!? 白根山やマヨン山…同時多発噴火も気象兵器の影響か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル