ラガルドIMF専務理事はオカルト主義者だったことが判明! 襟元にバッファロースカル、数秘術発言… ヤバすぎる証拠出揃う

 多くの国で信教の自由が保障されていることから、公人であっても自らの信仰を表明する必要はない。信奉しているのが、たとえ“オカルト信仰”であったとしても――。


■ラガルドの襟に“バッファロースカル”

 試合中のプロアスリートのウェアを見ればそのスポンサーは一目瞭然だが、一方でグローバルなトップエリートたちを観察していると、意外なところからその“所属”がほのかに見えることがある。

 アメリカの権威ある経済誌『フォーブス』で2006年に“世界最強の女性30人”にも選出されているグローバルリーダーの1人が現在、IMF(国際通貨基金)の専務理事であるクリスティーヌ・ラガルドだ。

ラガルドIMF専務理事はオカルト主義者だったことが判明! 襟元にバッファロースカル、数秘術発言… ヤバすぎる証拠出揃うの画像1Collective Evolution」の記事より

 記者会見でスピーチする彼女の姿をニュースで見かけることも少なくないが、オンラインメディア「Collective Evolution」の先日の記事は、ラガルドの襟元に注目している。そのジャケットの襟にバッファロースカル(水牛の頭骸骨)のアクセサリーが輝いている写真が発見されたのだ。これには何らかのメッセージが込められているのだろうか。

 国際的なパワーエリートたちにはしばしば、ボヘミアングローブやスカルアンドボーンズなどの悪魔崇拝“カルト”への関与が疑われることがあるのだが、記事ではこのラガルドにも、神秘主義に基づく何らかのオカルト信仰を信奉していることが指摘されている。

ラガルドIMF専務理事はオカルト主義者だったことが判明! 襟元にバッファロースカル、数秘術発言… ヤバすぎる証拠出揃うの画像2フィリピーヌ・ド・ロスチャイルド男爵夫人 「Collective Evolution」の記事より

 そしてこのバッファロースカルのアクセサリーは、グローバルなパワーエリートを代表するロスチャイルド一族のフィリピーヌ・ド・ロスチャイルド男爵夫人(1993-2014)もよく身に着けていたことが写真にも残されている。ロスチャイルドといえば、陰謀論界隈において影で世界を操る秘密結社「イルミナティ」の中核とされる一族だ。生前のフィリピーヌ夫人とラガルドに交流があったとすれば、やはり何らかの組織に共に属していたのかもしれない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ