• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

人体

,

佐藤Kay

,

倫理

,

医学

,

手術

,

生命

,

頭部移植

 アメリカの科学技術サイト「Science Alert」(1月25日付)は、イタリア人脳神経外科医が“革命的手術”に成功したと伝えている。セルジオ・カナべーロ医師は、以前から「生きてる人間の頭部を移植することは可能で、1年以内に実現できる」と公言してはばからなかったが、昨年末、ついにその前段階と呼ぶような遺体を使った人体頭部移植手術を敢行したのだ。

firsthead1.JPG
セルジオ・カナべーロ医師 「Telegraph」の記事より


■今秋には脳死したドナー同士の頭部移植手術が予定

 カナベーロ医師により「HEAVEN(head anastomosis venture)」と名付けられた頭部移植法は、海外メディアを驚愕させた。しかし、このオペには多くの神経科学者が異議を唱えている。なにより憂慮されているのは、科学的エビデンスが十分でないにもかかわらず、今秋には中国で、脳死したドナー同士によるガチの頭と頭のすげ替え手術が予定されていることだ。もちろん、前例のない大事件となるだろう。

 ノースウエスタン大学で理学療法とリハビリが専門のリチャード・ハーヴェイ准教授は、科学技術サイト「Futurism」で次のように語っている。

「(カナベーロ医師が開発した)技術を用いて脳幹と脊髄をつなげても、人間が動き出すということはあり得ません。もし、仮にそのような手術を受けたなら、患者は四肢まひに陥るでしょう。なにしろ、今の医学では脊髄損傷の修復もできないのですから」(リチャード・ハーヴェイ准教授)

 他の専門家たちも同じような見解で、将来的に「頭部移植」なるものが、現実的な医療の選択肢になり得るとは、はなはだ疑わしいとしている。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年10月 9日 06:43 | 返信

>>1

それがもし叶うとして。
一体、誰の体を用意する気だ?

殉職による怪我なら
誇りあるプロのレスラーが、そんな軟弱で倫理のない手段を望むのだろうか。
私はそちらの方が気になるけどな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今、技術は進んで介護スーツも存在する。縮小化も進んでいる。
こんな倫理もなければ(術後の)安全性も確保できない移植に比べて
ずっと有意義で倫理的で、患者の苦痛も回避できる。
なぁ、ヒトの自己免疫を司るのはどこだと思う?
体の神経が脳に情報を届けて、それを元に脳が新たな指令を体に伝えているんだ。
臓器1つの移植だって免疫抑制剤が必要で、移植後の臓器の稼働は数カ月から5年程度だ。
なのに、首から下が丸ごと他人になった場合は どうなると思う?
動物実験が成功したと言うが、その動物は術後に何日間 生きられたのか。
走ったというが、痛みや痺れを感じていたかもしれないぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファン心理か何か知らんが
くれぐれも移植という医療の未熟を晒す手段に踊らされるなよ。

1:匿名2018年2月12日 14:21 | 返信

もし、この手術が本当で、
患者の人生を有意義なモノにしてくれるなら
脊髄損傷で体が不自由になってしまった
某プロレス選手を助けてほしいです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。