• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

人体

,

佐藤Kay

,

倫理

,

医学

,

手術

,

生命

,

頭部移植

firsthead2.JPG
 「Science Alert」の記事より

■21世紀のフランケンシュタイン博士か?

 カナベーロ医師が編み出した独自のセオリーは次の通りだ。患者2名の頭部を切断後、生存する方の頭部を胴体に接続。気管から食道、頸動脈、頸静脈、脊髄と縫い合わせ終了。あとは本人が目覚めて体を動かし、会話できるようになるまで回復するのを待つという。

 また、カナベーロ医師は“接着剤”の役目をするという特殊新素材を使い、切断された脊椎間の隙間を埋めるよう軸索と神経細胞を成長させる方法を発見したと公表している。

 だが、今回のカナベーロ医師の手術では、最大の焦点である「切断した脊髄を再結合して運動機能を復元させる」具体的エビデンスが明示されていない。これでは、単なる解剖学の演習をしただけと判断されても仕方ないのではないか。

 また、カナベーロ医師の最終目標は、脳移植による寿命の延長だという。つまり、年を取ったら、自分の脳を若い肉体に取り付けて寿命を伸ばすのが狙いなのだ。だが、この場合の“若い肉体”とは、誰から供給されるのだろうか。ここまでくると、ノーベル作家カズオ・イシグロの小説『わたしを離さないで』(ハヤカワ文庫)を現実世界に描こうとしているかのようで薄ら寒くなってくる。

firsthead3.JPG
 「Futurism」の記事より

 不可能を可能にしていくことの連続で、現代の医療は存在している。さりとて、頭部移植については100年先はわからないが、2018年現在では医療技術の問題以前に、やはり論理の飛躍という感じが否めない。21世紀のフランケンシュタイン博士は、天才なのか狂人なのか。世界は今、固唾をのんで見守っている。
(文=佐藤Kay)

参考:「Science Alert」、「Futurism」、「Telegraph」ほか

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年10月 9日 06:43 | 返信

>>1

それがもし叶うとして。
一体、誰の体を用意する気だ?

殉職による怪我なら
誇りあるプロのレスラーが、そんな軟弱で倫理のない手段を望むのだろうか。
私はそちらの方が気になるけどな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今、技術は進んで介護スーツも存在する。縮小化も進んでいる。
こんな倫理もなければ(術後の)安全性も確保できない移植に比べて
ずっと有意義で倫理的で、患者の苦痛も回避できる。
なぁ、ヒトの自己免疫を司るのはどこだと思う?
体の神経が脳に情報を届けて、それを元に脳が新たな指令を体に伝えているんだ。
臓器1つの移植だって免疫抑制剤が必要で、移植後の臓器の稼働は数カ月から5年程度だ。
なのに、首から下が丸ごと他人になった場合は どうなると思う?
動物実験が成功したと言うが、その動物は術後に何日間 生きられたのか。
走ったというが、痛みや痺れを感じていたかもしれないぞ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ファン心理か何か知らんが
くれぐれも移植という医療の未熟を晒す手段に踊らされるなよ。

1:匿名2018年2月12日 14:21 | 返信

もし、この手術が本当で、
患者の人生を有意義なモノにしてくれるなら
脊髄損傷で体が不自由になってしまった
某プロレス選手を助けてほしいです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。