NASAの「宇宙飛行士選抜テスト」問題がムズすぎる! 合格率0.08%以下、あなたに解けるか!?【頭の体操】

 さる2月7日、アメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターから、米スペースX社製の大型ロケット「ファルコン・ヘビー」が打ち上げられ、見事成功した。YouTube史上2番目に多い世界320万人がライブ視聴する中、宇宙服を着たマネキン「スターマン」は、スペースX社イーロン・マスクCEOが所有する真っ赤なテスラ・ロードスターに乗り、宇宙ドライブへと飛翔していった。BGMにはデヴィッド・ボウイの『スターマン』――ドラマティックな演出に視聴者たちは、大いに胸を打たれたようだ。


■激ムズな宇宙飛行士試験問題!

 こんなふうに、いつの時代も宇宙への旅は人々を夢中にさせる。子どもの頃、男の子なら、いや女の子だって一度は宇宙飛行士に憧れたはずだ。だが、その夢を実現する者はごくわずかだ。学歴、職歴に関する厳しい審査に加え、身体能力、専門知識、忍耐力など、あらゆる難関が待っており、NASAの宇宙飛行士合格率は、なんと0.08%以下だという。

 およそ不可能に近い確率ではあるが、この世に実在することは確かで、その1人がイギリス人のティム・ピーク氏だ。彼は国際宇宙ステーション(ISS)に、総計185日22時間11分滞在した経験を持ち、宇宙からロンドンマラソンに参加し、3時間52分21秒で完走したことでも知られている。

NASAの「宇宙飛行士選抜テスト」問題がムズすぎる! 合格率0.08%以下、あなたに解けるか!?【頭の体操】の画像1ティム・ピーク氏 画像は「Wikipedia」より

 そんな超人感半端ないピーク氏は、昨年秋に出版した著書『Ask an Astronaut: My Guide to Life in Space』の中で、宇宙や宇宙飛行士に関する質問に、丁寧に回答している。しかも、宇宙飛行士になるための、実際の選抜試験問題まで公表しているのだ。

 その一つが、次にご紹介する図形問題だが、幸いなことに制限時間はなし。これなら “頭の体操”気分でトライできるかもしれない。

【問】あなたの目の前に1の目だけのサイコロがあると想像してほしい。

 これはあなたから見て、前後左右に転がることが可能。1の目はサイコロの底面(下)にある。

NASAの「宇宙飛行士選抜テスト」問題がムズすぎる! 合格率0.08%以下、あなたに解けるか!?【頭の体操】の画像2Simple Capacity」の記事より

 では、このサイコロを前、左、左、前、右、後ろ、右の順で一面ずつ転がしたとき、最終的に1の目の位置はどこになるか。

 さて、正解は……。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ