【警告】地震・気象兵器「HAARP」が大規模実験を開始&再稼働! 4月14日まで、スポンサーは米軍や政府機関…来るか天変地異!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

HAARP

,

アラスカ

,

地震兵器

,

気象兵器

,

米国

,

米軍

 米国アラスカ州にあるHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)が実験を再開するという。アラスカ州の地元ラジオ局「KUAC」などが報じ、オルタナティブメディア「Disclose.tv」なども取り上げている。

0406haarp-1.jpg
画像は「HAARP公式Twitter」より引用

■最大最長の実験

 HAARPは米軍や国防高等研究計画局(DARPA)、アラスカ大学などが1980年代から2000年代まで共同で行っていた、地球の構想大気や電離層に関する研究プログラムだ。だが一部陰謀論者の間では、アラスカ州に現存するHAARP実験施設が近年世界各地で起きている天災や大地震を引き起こしているという噂が根強い。

 そんなHAARP実験施設で、今月新たな実験が行われると話題になっている。HAARP実験施設は2015年に米軍の手を離れ、アラスカ大学フェアバンクス校が管理運営を行っているのだが、今回の実験は4月6~14日に行われる予定だという。地元ラジオ局「KUAC」の伝えるところによれば、これから行われる実験は2015年以来最大で最長のものとなる予定で、ロスアラモス国立研究所やエネルギー省、そして米軍の研究所など様々な機関がスポンサーとなっているそうだ。

 HAARP実験施設の責任者ジェシカ・マシューズ氏によれば、研究の目的は地球の大気の高層にある電離層で起きている物理的なプロセスを解明することにあり、同様の研究を行うトップレベルの研究所も今回の実験に参加するという。マシューズ氏は「大規模な実験を行うことにスタッフ一同興奮している」と話している。

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年10月28日 13:28 | 返信

創価学会はHAARPを使っているこれが世に明るみになれば大変なことになる
HAARPとはマインドコントロールようするに人間の脳を遠隔操作で操れるもの
世界中の誰でも操れる 安倍首相 韓国の大統領 プーチン大統領 トランプ大統領
これが明るみになるとすべての外交に疑いがかかる 全ての不祥事にHAARPが関与していると疑われる 世界に激震がおき 暴動になる
創価学会はリスクをわかっていない なおHAARPにはAIが搭載されている 拡散希望

6:あめこう2018年9月 8日 19:03 | 返信

アメ工毛だらけできもい!!
やはり、真珠湾の時に断念せず、抹殺しとくべきであった

5:匿名2018年7月18日 16:48 | 返信

誰かのせいに出来れば気がまぎれるもんね。
大地震や異常気象が襲うたびイルミナティーだHAARPだって騒いでりゃいいんだもんな。

4:匿名2018年4月 9日 13:28 | 返信

ハープは京都にもあるみたいだね
何に使われてるかは…

3:匿名2018年4月 9日 01:55 | 返信

西日本で地震きたけど、まさか…

2:匿名2018年4月 7日 20:33 | 返信

妙な陰謀より
海の向こうの《隠蔽ダー臭菌屁~》のほうが心配だ
反日タッグで攻めてくるぞ

1:匿名2018年4月 7日 16:25 | 返信

HAARPの真の恐ろしさは、テレビの送信アンテナに偽装した小型のマイクロ波送信機だ。
偽装しなくてもマイクロ波を出せれば一緒だけど、
アホみたいに「パリ協定」に調印すると、「イソブタン」の家電製品が出回る。
イギリスのビル火災では、隣のTV局から照射されたと考えられる不自然な焦げ跡が有った。
ウソだと思うのなら映像を捜してみると良い。
火元の部屋に居たチェニジア人は、火災が大きくなるまで部屋に留まってから、脱出した。
その後も
マイクロ波の照射は続いてビルの火炎は短時間でビルを包んだ。(焦げ跡が証拠)
HAARP
地震を起こすような超大型のマイクロ波発信装置など、目くらましに過ぎない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。