バチカンが「ポルノは悪魔の影響を受けている」と本気で講義! エクソシズム訓練コースの“驚愕内容”とは?

 映画『エクソシスト』で初めて「エクソシズム(悪魔祓い)」という儀式を知った方も多いだろう。しかしあれはあくまでも映画の中の出来事――と思いきや、現在、悪魔祓いの儀式ができる司祭の需要が急増しているというのだ。


■バチカンがエクソシスト養成に本腰を入れる

バチカンが「ポルノは悪魔の影響を受けている」と本気で講義! エクソシズム訓練コースの驚愕内容とは?の画像1画像は、Wikipediaより

「Daily Mail」紙や「Newsweek」誌は、バチカンは新しいエクソシズム訓練コースを設置したと報じた。バチカンはまた、悪魔がポルノに影響を与えていることにも懸念を示している。そして司祭たちが、エクソシズムの技術の習得に熱心でないことを憂えているという。

 そこでバチカンは、今年初めに国際大会を開催し、より多くの司祭がエクソシズムの訓練を受けるように促した。

「エクソシズムと解放の祈り」と題されたその講座は、ローマで現在進行中だが今年で13回目を迎える。この講座ではエクソシズムに対する神学的、心理的、人類学的背景が網羅される。この講座ではまた、エクソシストや悪魔憑きから解放された人々の証言も語られる。

 ペドロ・バラヨン神父はこの講座で、現代社会におけるポルノの広範な使用について、また「人を傷つける悪の近代的文化現象」について議論をしたいと考えている。バラヨン神父は、この講座の目的は悪魔から影響を受ける可能性の有無を考える機会を持つことだという。また同神父は薬物中毒やカルト、小児性愛や児童ポルノについても同様に、この講座で解説されると話している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ