3年間にヘビ・クマ・サメによる連続襲撃を受けた世界一不運な男! 確率89京3千兆分の1!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 さて、ヘビとクマに襲われるだけでもかなりの不幸だが、マクウィリアムズさんを決定的に世界一不幸な男にしたのは、今年4月の出来事だ。米ハワイ州のビーチでサーフィンを楽しんでいたマクウィリアムズさんをサメが襲ったのだ。これも傷はさほど深くはなかったが、右脚の脛に7針縫う裂傷を負った。出血するマクウィリアムズさんをサメが襲わなかったのは、きっと彼の持つ異常な悪運のせいだろう。

unluck_02.jpg画像は「Daily Mail」より引用

「National Geographic」(4月24日付)が紹介している米フロリダ大学名誉教授ジョージ・バーゲス氏の試算によると、米国内で一生のうちに毒ヘビに噛まれる確率は3万7千5百分の1。これだけでも交通事故で死亡する確率112分の1に比べればかなりの低確率だが、ヘビに加えクマ・サメにまで襲われるとなると、その確率は89京3千兆分の1になるという。

 マクウィリアムズさんは「ちょうど間違った場所で間違った時間にいたからだと思う」と自身の運の悪さに辟易しているようだが、もはや「世界一不幸な人」と言っても過言ではない。一方、両親はマクウィリアムズさんが不幸な目に遭いながらも、現在も生き延びていることに感謝しているとのこと。二度あることは三度あると言われるが、もしかしたら四度目の不幸がマクウィリアムズさんに降りかかることもあるかもしれない。だが、彼ならきっとどんな絶体絶命の状況でも生き延びてみせることだろう。
(編集部)

参考:「New Scientist」、「National Geographic」、ほか

関連キーワード

コメント

3:匿名 2018年5月11日 13:04 | 返信

海や山には ガチの危険生物がウヨウヨしてるじゃん
キャンプ&BBQ 山歩き 海水浴に行くのは
わざわざ襲われに行くようなもの

2:匿名 2018年5月10日 19:27 | 返信

広島で被爆後に避難した長崎で再び被爆した人達が世界一不運だと思う.
1週間以内に2度被爆する確率ってどれぐらい?

1:匿名 2018年5月10日 11:56 | 返信

もう、アウトドア趣味とは、
縁を切った方が良いです。
この人は。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。