3年間にヘビ・クマ・サメによる連続襲撃を受けた世界一不運な男! 確率89京3千兆分の1!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

3年間にヘビ・クマ・サメによる連続襲撃を受けた世界一不運な男! 確率89京3千兆分の1!の画像1画像は「Star Advertiser」より引用

 一等の宝くじの当選確率や重大な飛行機事故に遭遇する確率は、一千万分の1ほどだと言われている。経験的にも、いくら買っても宝は当たらないし、飛行機事故のニュースが滅多に報道されないことから、これは相当な低確率であることが直感的に理解できる。だが、そんな中、世界には天文学的確率をビタッと当ててしまう幸運な(不幸な)人も存在するのだ。

 米「Fox News」(4月23日付)によると、米コロラド州に住むディラン・マクウィリアムズさん(20歳)は、過去4年の間にヘビ、クマ、サメに襲われ、いずれも命からがら九死に一生を遂げてきたという。事の始まりは3年半前、ユタ州に出掛けていたマクウィリアムズさんをガラガラヘビが襲ったことに端を発する。この時はさほど深く噛まれなかったため、少しの中毒症状で命に別状はなかったそうだ。だが、彼の不幸はここからだった。

3年間にヘビ・クマ・サメによる連続襲撃を受けた世界一不運な男! 確率89京3千兆分の1!の画像2画像は「Fox News」より引用

 昨年7月、米コロラド州でキャンプに参加していたマクウィリアムズさんを、今度は体重130kgを越えるクマが襲ったのだ。この時、クマはマクウィリアムズさんの頭を後ろから掴み、引きずったという。絶体絶命の状況だが、必死に抵抗したことで、クマがひるみ逃げ出すことに成功したが、頭部に大きな裂傷を負い、医療用ホチキスを9本打つはめになったそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ