古代人は二足歩行の超巨大ナマケモノ(3m)と死闘を繰り広げていたことが化石でガチ判明! 体重は700キロまるでモンスター!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■「ナマケモノと人間の足跡の同時発見はとても珍しい」

 この巨大ナマケモノはメガテリウム(Megatherium)やエレモテリウム(Eremotherium)と名づけられ、南アメリカ大陸を中心に1万1000年前まで存在していたとされている。南アメリカが原産だが、繁殖後に北アメリカ大陸に渡っていった種もあるということだ。

 大きな個体で身長3メートル、体重は700キロにも達するというから、おそらく動きは緩慢であったと思われるが、狩りはそう簡単ではなかったようだ。体表のぶ厚い毛皮の下には、アルマジロのようなウロコ状の硬い皮膚(鱗甲板)が埋め込まれていて、きわめて防御力に優れていたとされる。やわなヤリなどははじき返していたかもしれない。また手足にそれぞれ3本の鋭い爪を持ち、地面を掘ったりモノをつかんだり、敵への反撃に使われていた。その見かけからは意外なことに(!?)完全な草食性で、草や低木、被子植物などを手あたり次第に食べていた。嗅覚はきわめて鋭敏で、草木のある場所を敏感に察知できたようだ。普段は人間を襲うことはないようだが、大きくて強靭なボディに鋭利な爪、加えて優れた嗅覚の持ち主となれば迂闊に近寄ることはできない。

giantsloth4.JPG 画像は「Wikipedia」より

「人間がこの大きな野獣とどう向き合ってきたのかということと、こうした行為(狩り)が常態化していたという重要な発見が今回初めてもたらされました。ナマケモノと人間の行動を示す2組の足跡を同時に発見することはとても珍しいことです」(マチュー・ベネット教授)

giantsloth3.JPG 「Daily Mail」の記事より

 諸説あるものの一説によればマンモスの絶滅も人類のせいだと言われているが、我々の祖先が“集団ストーカー”となってこの巨大ナマケモノの後をつけて狩りを続け、絶滅に追い込んでいたとすれば、生物多様性の観点では古代人は罪深い存在だったといえるのかもしれない。
(文=仲田しんじ)

参考:「Daily Mail」ほか

コメント

3:匿名 2018年5月21日 21:18 | 返信

違和感はあるよね
狩りをするのに追跡するのは当たり前なんだしな
本来のストーキングは追跡とか徘徊って訳されるから
これを犯罪目的で付け回す人の呼称にしたのも間違いとは思う

2:トランプ大統領 2018年5月20日 09:06 | 返信

私は意外に仕事をしているぞ!
選手に相手を破壊してこいと言ったのは私だ!
だが、あんなあからさまにやれとは言っていない。
通常のプレーの範囲で激しく行けと指導したはずだ。
だから、本来なら反則でも犯罪でもない。
全力プレーで相手に挑む。それこそがリスペクトである。
その精神が山賊打線を生んだのだ。
八百長やっている情けない奴に批判される覚えはない。

1:匿名 2018年5月19日 19:51 | 返信

「狩猟」という言葉が出てこなかったから、ストーカーなんて記事に書いたんだね
物書きとしては致命的なボキャブラリーの低さだな
記者をやめることを薦める

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。