謎多き月の正体にまつわる衝撃的主張5選! 月は地球よりも古く、宇宙人の乗り物だった!?

 有史以来、我々人類を魅了してやまない月。地球の空に浮かんだ美しいこの衛星は、技術の発達によってさまざまな角度から研究されてきた。しかし、月にはいまだに多くの謎が残されており、その神秘に迫ろうと耳を疑うような主張も飛び交っているようだ。


■月で目撃された奇妙なライトとUFO

謎多き月の正体にまつわる衝撃的主張5選! 月は地球よりも古く、宇宙人の乗り物だった!?の画像1画像は、「Wikipedia」より

 1835年、イギリスの著名な天文学者フランシス・ベイリーは、月で火口のような光を確認したと証言している。それから100年以上が経った1969年、人類の歴史上初めて月面に降り立ったアポロ11号に搭乗していたバズ・オルドリンとニール・アームストロングは、ミッション中に“flicker flashes(閃く光)”を見たと証言した。

 また当時、NASAの監視チームに所属していたオットー・ベンダーは、アポロ11号の宇宙飛行士たちが「月面で宇宙船を見ていた時、UFOがクレーターの端の近くに降りてきた」というメッセージをヒューストンに送っていたと述べている。

謎多き月の正体にまつわる衝撃的主張5選! 月は地球よりも古く、宇宙人の乗り物だった!?の画像2画像は、「Wikipedia」より
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ