米政府が建造したエリート専用「極秘核シェルター」の存在をガチ暴露! 1400人だけ収容、一般人は見殺し…日本はもっと悲惨!?

米政府が建造したエリート専用「極秘核シェルター」の存在をガチ暴露! 1400人だけ収容、一般人は見殺し…日本はもっと悲惨!?の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 米国政府が政治機能を保存するための極秘巨大核シェルターを建造していたことをご存知だろうか。日本ではあまり報じられていないが、米ジャーナリストのギャレット・グラフ氏が、2017年に著書『Raven Rock: The Story of the U.S. Government’s Secret Plan to Save Itself-While the Rest of Us Die』で暴露したことで、その存在が公になった。

 米ラジオネットワーク「npr」(2017年6月21日付)によると、グラフ氏がこの核シェルターの存在に気付いたのは偶然の出来事だったという。当時、米雑誌「Washingtonian」で働いていたグラフ氏は、同僚から駐車場で拾ったという怪しげなIDバッジを手渡されたそうだ。見たところ諜報機関員のIDのようだったので、その道に詳しいグラフ氏ならば落とした人物を特定できると思われたのだという。

 手始めにグラフ氏は、IDの裏に書かれた道のりをグーグルマップで調べたところ、ワシントンから100kmほど離れたところにあるレイブンロックと呼ばれる山に行き当たることを発見。そこで思いがけない建造物の存在を知ることになる。

米政府が建造したエリート専用「極秘核シェルター」の存在をガチ暴露! 1400人だけ収容、一般人は見殺し…日本はもっと悲惨!?の画像2画像は「Disclose.tv」より引用

 人里離れた山奥に、米政府要人を保護するための極秘核シェルターが存在したのだ。先述したグラフ氏の著書の副題に『市民が死ぬなか、米政府を守るための極秘プラン』とあるように、この核シェルターは米国が核攻撃、化学兵器・生物兵器などの脅威に晒された場合、米政府の要人約1400人の収容することを目的に建造されたものだ。

「それは私がいまだかつて聞いたことがない施設でした。地図にも載っていないのです」(グラフ氏)

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

米政府が建造したエリート専用「極秘核シェルター」の存在をガチ暴露! 1400人だけ収容、一般人は見殺し…日本はもっと悲惨!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル