科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!

【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 科学者がパラレルワールドの生物の撮影に成功したというSF映画さながらのニュースが舞い込んできた。

 オルタナティブニュース「Disclose.tv」(6月21日付)によると、自称科学者で発明家のダニエル・ネメス氏が、「多次元の存在者」を特殊な装置で撮影し、その画像を公開したという。

【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像2画像は「Disclose.tv」より引用

 ネメス氏について詳しく紹介しているベネズエラ紙「entorno inteligente」(2017年3月30日付)によると、ネメス氏はスペイン出身で現在は南米コロンビアに在住している科学者とのことだ。14歳の頃より天文学と自然科学に興味を持つようになり、かつてはスペイン・マドリッドの天文学会に所属していたこともあるという。

【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像3画像は「Disclose.tv」より引用

 そんなネメス氏が異次元について興味を持つきっかけとなったのは、ダークマター(暗黒物質)について書かれたある雑誌記事を読んだことだという。それ以来、異次元世界を垣間見るべく、科学的な計算に基づいた撮影装置の開発に邁進したそうだ。

 その結果、既存の撮影機とは一線を画す極めて優れた装置の開発に成功。「ENERGIVISION」と呼ばれるこの装置には、特殊なレンズや自前で制作した超感度のスクリーンが使われているそうだ。ただし、細かな設計は公開されていないため、一体どういうメカニズムが働いているかは分かっていない。いずれにしろ、ネメス氏は「ENERGIVISION」を使い、異次元の住人の姿を撮影することに成功したと語っている。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ