セックス中毒になった81歳、無意識で国を統治した殺人鬼…! 昏睡状態が生み出した奇妙な出来事5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■マシュー・マコノヒーだと思い込むようになった男

1807_konsui_03.jpg画像は、「Mirror」より

 2012年8月、高速道路で大型トラックと衝突したイギリス人のロリー・カーティスは、6日間も昏睡状態に陥った。懸命な処置の甲斐あって目を覚ましたロリーだが、自身の身に奇妙なことが起こる。なんと、ほとんど習ったことのないフランス語を流暢に話し出したのだ。

 さらにロリーは、事故から目を覚ますと自分のことをマシュー・マコノヒーだと思い込むように。マシュー・マコノヒーとは、映画『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー主演男優賞を受賞したアメリカの名優。しかしロリーがマシュー・マコノヒーであるわけがなく、自宅に帰った彼は鏡で自分の姿を見て落胆したという。

1807_konsui_04.jpg画像は、「Mirror」より

コメント

1:匿名 2018年7月15日 21:55 | 返信

ネパールの王制を潰した奴は呪われて欲しい

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。