• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

【シリーズ】鉄怪探偵一銀の鉄道怪談報告書・豊肥本線

tetukai_195e0bd8c192f808f1c118c4da7afff7_s.jpg
豊肥線竜田口駅のホーム:写真ACより

■豊肥本線 下半身女霊と事故多発踏切

 熊本県には阿蘇方面から熊本駅まで走る、豊肥本線という古い路線がある。豊後から肥後までの間という意味で名づけられた路線で、そのやや中央に位置する竜田口駅の近くの線路は、昔から事故が絶えないといわれていた。そこは斜めから入るようなかたちの踏切で、マニュアル車が主流だった時代は初心者が線路内で曲がり切れず立ち往生したりエンストしたりすることがあり、無残にも列車に轢かれることも多かったという。あまりに事故が多いので、この場所に立体交差の高架道路を作ったところ事故は減ったが、今もその道の下の線路には、事故で亡くなった幽霊が出るという。

 ある夏の夜更けのこと。線路の横に隣接するように走る道で、青年4人が線路を歩く幽霊を見たそうだ。そこで筆者は現場に向かい、その跡地と今も走る豊肥線の2両車両を確認してみた。豊肥線は市民の足にもなっており、九州東海大学や附属高校も駅の近くにあるため、時間帯によっては超満員電車となる。また、竜田口駅は時間帯によっては駅員が不在で無人化するのだが、これは昔からのようだ。

 話を聞かせてくれたのは、熊本市内に在住の荻野さん(68歳)。竜田口駅の隣、武蔵塚駅のすぐそばの喫茶店「カランセ」で催されている怪奇現象を語る会でのことだった。カランセで荻野さんは興奮した様子で語り始めた。

「あれは免許ば取り立てのことだったたい。蒸すごたる暑かときばいた。4人で横の道ば通りよるときに、そん足ば見た。4人とも全員で見たけん、間違いはなか。あらあ、女だった。スカートば履いとったけんね」。訳するとこうである。「とても蒸し暑い夜に、豊肥線の竜田口駅近くの事故の多い踏切そばの線路で、スカートと足だけの幽霊を見た。しかも友人4人とも、乗車していた車の中からしっかりと見た」

 そして口々にその奇怪な踏切で起こったことを話し始めた。「そればいうなら俺はそこの踏切で渡った瞬間に、エンストしたけん、立ち往生したばい。カンカンカンて遮断機は降り始むっけん、あいた、どぎゃんしたらよかろかち、あわくったばい! エンストなんかする車じゃなかとですよ! マニュアル車じゃのうて、オートマだったけんですね!」

関連キーワード

コメント

6:匿名2018年9月 9日 09:59 | 返信

鉄道を全て地下に埋めてしまえば
踏切事故や開かずの踏切、塵芥汚染、騒音を防ぎ
少々の悪天候にも影響されず、良いこと尽くし
埋めたあとの地表は遊歩道や緑地帯に有効活用すれば更に良し

5:匿名2018年8月 9日 04:05 | 返信

南林間のガード下の人専用踏切も有名だよ。お地蔵様もいる。近所じゃ有名だよ。

4:匿名2018年8月 7日 21:43 | 返信

ご近所さんとしては、マジお祓いしてほしい・・・・

3:匿名2018年8月 7日 21:42 | 返信

こちらの踏切でも同じような事例があるぞ、2~3年の間に必ずその踏切内で人が死ぬってところが。
ここ数年老人ばかりだったが、ここ最近は20代の若者が死んでいる。しかも不可解な事故で
だけどその区の長が見て見ぬふりなので、何年たっても現状は変わらず犠牲者だけが年々増え続ける
我は気味が悪いので、そこを通る勇気がない
記者も試しに取材するといい、呪われるだろうが

2:匿名2018年8月 7日 19:38 | 返信

筆者くんはまだまだ若いねえ。
ところで、フルオートマチック? セミオートマチック?
オートマチックが珍しい時代、どういう代物だったか知っていれば、こういう記事にはならなかったと思うぞ。
恥ずかしい記事だな、とだけは言っておいてあげる。

1:匿名2018年8月 7日 19:00 | 返信

「そんなことですけん、下半身ば見たぞと、妖怪テケテケに教えてやらねばならんと思うとりますたい。」
訳するとこうである。
「妖怪テケテケの下半身みぃ~っけ!!」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。