ブラジル政府が極秘UFO情報を大公開中! 軍が認定したUFO大量出現事件の詳細判明「20機以上がうじゃうじゃ…」

 昨今、アメリカをはじめとした各国政府によるUFO情報公開が進んでいる。そのような世界的なトレンドに先駆け、情報公開やUFO目撃情報の公的な記録を進めてきた国の一つが南米ブラジルである。

ブラジル政府が極秘UFO情報を大公開中! 軍が認定したUFO大量出現事件の詳細判明「20機以上がうじゃうじゃ…」の画像1画像は「Disclose.tv」より引用


■ブラジルのUFO情報公開

 オルタナティブメディア「Disclose.tv」の今月7日付の記事によると、ブラジルでは空軍の収集した多数のUFO目撃情報が公開されているという。国立公文書館を介して公開された資料によると、1952~2016年までに南米大陸全体で743件ものUFO目撃情報があったというから驚きだ。

 ブラジルでは2004年に情報公開を求める現地UFOマニアのキャンペーンが始まり、2007年から順次、空軍による情報開示が行われているという。すでに700件以上もの目撃情報が公開されているが、ブラジル政府は2010年、空軍に対してUFO目撃情報を公式に記録するよう命令を出しており、今後も多くの情報が開示されると期待されている。

 さて、すでに公開された資料の中には、ブラジル史上でも有名なUFO目撃事件に関する文書が含まれていたという。それは1986年にサンパウロ上空にUFOが現れ、空軍もその存在を公式に認めたという事件である。


■The Official UFO Night

 1986年5月19日、午後7時30分。サンパウロ州サン・ジョゼ・ドス・カンポスの上空にUFOが現れた。サンパウロやブラジリアの複数のレーダーも空に浮かぶ8つの飛行物体を確認し、午後10時23分頃、リオデジャネイロのサンタクルス空軍基地からF-5戦闘が発進し、現場へと急行した。また、アナポリスのレーダーでもUFOが確認され、ミラージュIII戦闘機が発進した。

ブラジル政府が極秘UFO情報を大公開中! 軍が認定したUFO大量出現事件の詳細判明「20機以上がうじゃうじゃ…」の画像2画像は「YouTube」より引用

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ