オーストラリア最大のUFO事件「ウェストオール」の解明に繋がる音源公開! 350人以上が目撃「UFO5機が20分間ホバリング」

 事件後、政府はこの事件を隠蔽してきたそうだが、グリーンウッド氏によると、最初に目撃者の口封じをしたのは校長だったという。事件のことを口外した場合、懲戒免職に処すると警告してきたそうだ。 この追いかけっこは約20分も続いたが、急にUFOは姿を消してしまい、校長が生徒たちに教室に戻るように呼びかけたという。グリーンウッド氏によると、約350人の生徒がこの光景を目撃したというから驚きだ。

 後に、この音源はUFO論者として知られた米アリゾナ大学の物理学者ジェームズ・E・マクドナルド教授に送られたという。マクドナルド教授は米議会でUFO聴聞会を初めて実現させ、公の場でUFOの存在を肯定する発言をした人物だ。もしかしたら、この音源もマクドナルド教授を突き動かした一因だったかもしれない。

 オーストラリア政府は否定しているものの350人が目撃したUFO事件を隠し通すことは不可能だ。マクドナルド教授もそう思っていたからこそ、UFO聴聞会を開いて公式にUFO現象を解明すべきだと考えたのではないだろうか? マクドナルド教授も政府の重い口を開くことはできなかったが、いつか全ての真実が明らかにされると信じたい。


参考:「News.com.au」、「Unexplained Mystery」、ほか

文=ヤーコン大助

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

オーストラリア最大のUFO事件「ウェストオール」の解明に繋がる音源公開! 350人以上が目撃「UFO5機が20分間ホバリング」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで