AK-47のカラシニコフ社が最恐殺人ロボット「Igorek」開発! なかなかレトロでユルすぎる姿に衝撃!

 今月21日からロシア・モスクワで開催されている軍事技術の国際的展示会「Army-2018」で、自動小銃AK-47の製造元として知られるロシアのカラシニコフ社が開発中の軍事用ロボット「Igorek」を公開した。多くの展示品の中でも一際存在感を発揮する黄金のロボットは来場者の注目を浴び、英「Daily Mail」が取り上げるなど大きな話題となっている。

AK-47のカラシニコフ社が最恐殺人ロボット「Igorek」開発! なかなかレトロでユルすぎる姿に衝撃!の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 Igorekは高さ4メートルほどで重さは4.5トン。金色に塗装された機体は二足歩行が可能で、二本のアームを使って武器などを掴むこともできる。上部には防弾ガラスとシールドで保護されたキャビンがあり、内部にパイロットが乗り込んで操縦する。

AK-47のカラシニコフ社が最恐殺人ロボット「Igorek」開発! なかなかレトロでユルすぎる姿に衝撃!の画像2画像は「Daily Mail」より引用

 デザインはいささかレトロで、かつて映画「ロボコップ」や「スターウォーズ」シリーズで似たようなものを見た気がする。発表によるとまだ試作段階だといい、搭載される武器などの詳細なスペックは明らかになっていない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ