• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 観賞魚に分類される美しい魚たちがいるが、彼らは自分の美しさを知っているのだろうか? 最新の研究では、魚が鏡に映る自分の姿を自分と認識しているのかどうかが検証されている。


■鏡に映った自分がわかる「鏡像自己認知テスト」とは?

 動物に鏡を見せるとどうなるのか? 例えばチンパンジーなどの場合は、鏡に映った自分の姿を見て最初は脅威を感じて怯えたり威嚇したりするという。しかし、次第に鏡を興味深く眺めるようになり、まさに人間が身だしなみを整えているかのように鏡に映った自分の姿を見ながら身づくろいをするようになるという。チンパンジーの行動の変化は、鏡の中の生き物が自分であると認識した証しであると考えられている。

 動物に鏡を見せるこうした実験は、別名“ミラーテスト”とも呼ばれる鏡像自己認知テスト(mirror self-recognition test、MSR)で、1970年代からさまざまな動物を対象に検証が行われている。これまでに“鏡像”が自分であると理解できる動物にはチンパンジーのほかにもボノボ、オランウータン、生後18カ月前後の人間、バンドウイルカ、シャチ、オニイトマキエイ(マンタ)、アジアゾウ、鳥類のカササギなどである。

cleanerwrasse1.JPG
ホンソメワケベラ 画像は「Wikipedia」より

 そして大阪市立大学の研究チームが注目したのは。別名“掃除魚”とも呼ばれるきわめて良好な視力をもったホンソメワケベラという小さく美しい熱帯魚である。ホンソメワケベラはほかの魚の体表についた寄生虫や粘液を素早く察知して食べてくれるという、献身的ともいえる習性を持っている。

cleanerwrasse2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 こうした実に“目ざとい”習性を持っているホンソメワケベラが鏡を見せられた場合、いったいどんな反応を示すのか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。