ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!

 表参道にあるギャラリー「GYRE / EYE OF GYRE」にて、『2018年のフランケンシュタイン – バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま』展が、現在開催中(10月14日まで)である。

 近年、「バイオ・アート」と呼ばれる、生命を主題や素材にした芸術の潮流が世界的な関心を集めている。この展覧会は、金沢21世紀美術館学芸員の髙橋洋介がゲストキュレーターを務め、5カ国9作家15作品を通して、「バイオ・アート」の最前線の一端を紹介しようというものである。

ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!の画像1

 高橋の解説によれば、今年はイギリスの小説家メアリー・シェリーが「フランケンシュタイン」を誕生させてからちょうど200年に当たるという。生命の謎を解き明かした科学者ヴィクター・フランケンシュタインが死者の断片をつなぎ合わせて生み出した怪物は、その後も数々の芸術作品のテーマとなってきた。この作品で提起された「創造物による創造主への反乱」「神に代わり生命を創り出すことの代償」「性と生殖の分離」といった問題は、人工知能や遺伝子組み換え技術が飛躍的に発展する現代、古びるどころかますますリアリティを持って、我々に迫ってきている。本展では「フランケンシュタイン」が提起した問題を「蘇生」「人新世」「生政治」の3つの文脈から読み解いくという。

 まず、第1章「蘇生」から見ていこう。

ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!の画像2ディムット・ストレーブ「Sugababe」2014-©️Diemut Strebe

 ここでなんといっても目を引くのが、ゴッホの左耳の生きたレプリカを彼の親族のDNAを合成することでつくるディムット・ストレーブである。

 予め断っておくと、今回の展示では、生の細胞としての「生きた耳」そのものを見せることは設備やそれに伴う法的許可の問題から難しかったという。そのため、軟骨細胞を提供した玄孫のリーウ・ファン・ゴッホが「包帯を巻いた自画像」を模倣したポートレイト、言語学者ノーム・チョムスキーがゴッホの「生きた耳」に話しかける映像などが展示されている。

ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!の画像3ディムット・ストレーブ「Sugababe」2014-©️Diemut Strebe

 それでも、このプロジェクトに対する興味は尽きない。ゴッホが自ら切り落としたという耳をバイオテクノロジーを用いて現代に蘇生しようということ。それこそが「バイオアート」で何が出来るのかということを強く観客に印象付ける作品だろう。今後、日本でも「生きた耳」そのものが展示できる機会が訪れることを願っている。

ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!の画像4ティナ・ゴヤンク「Pure Human」2016-photo:Tom Mannion©️Tina Gorjanc

 「蘇生」というテーマでは、夭折したファッション界の鬼才、アレキサンダー・マックイーンの皮膚でジャケットをつくろうとするティナ・ゴヤンクの作品も強烈なインパクトで迫ってくる。

 展示されている、まるで人間の皮膚のようなレザージャケットは、豚革を用いた試作品だが、マックイーン本人の体系やホクロ、さらにタトゥーまで再現されており、このプロジェクトが持つ倫理的美学的な意味合いもよく伝わってくる。

ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!の画像5平野真美「蘇生するユニコーン」2014-©️Mami Hirano
ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!の画像6平野真美「蘇生するユニコーン」2014-©️Mami Hirano

 また、本展最年少という平野真美による《蘇生するユニコーン》という作品も見逃せない。これは神話上の生物であるが、骨格、臓器、血管、皮膚まで精密に再現し、瀕死のごとき姿で展示されている。腹部は開かれ、むき出しの臓器には器具が連結されいる。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

ゴッホの耳、人間の皮膚ジャケット、蘇生ユニコーン…「2018年のフランケンシュタイン展」のバイオアートが攻めまくり!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル